オノフェアクネクリームの効能・用量・副作用など

オノフェアクネクリームの基本情報

オノフェアクネクリーム

オノフェアクネクリーム

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 化膿性疾患用薬
形状 塗布剤
製造販売会社 万協製薬
販売会社 日邦薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

オノフェアクネクリームの特徴

●お肌にやさしい弱酸性のクリームです。
●のびがよくベタつかないクリームです。
●2つの有効成分が,にきび・吹き出物を効果的に治療します。
(1)イブプロフェンピコノール(IPPN)
アクネ菌によるコメドの生成を抑え,炎症を鎮めます。
(2)イソプロピルメチルフェノール(IPMP)
症状を悪化させるアクネ菌などを殺菌します。

オノフェアクネクリームの効能効果

にきび,吹出物

オノフェアクネクリームの用法用量

1日数回,石けんで洗顔後,適量を患部に塗布してください。
(用法関連注意)
(1)本剤はにきび・吹き出物のある部位のみに使用し,周辺の広い部分には使用しないでください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(4)本剤は外用にのみ使用し,絶対に内服しないでください。

オノフェアクネクリームの成分分量

100g中
イブプロフェンピコノール 3g
イソプロピルメチルフェノール 0.3g
(添加物)
モノラウリン酸ポリエチレングリコール,チオ硫酸ナトリウム水和物,エデト酸ナトリウム水和物,パラオキシ安息香酸プロピル,パラオキシ安息香酸メチル,カルボキシビニルポリマー,ジイソプロパノールアミン,オクチルドデカノール

オノフェアクネクリームの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。)
次の部位には使用しないでください
目や目の周囲
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,刺激感(ヒリヒリ感),はれ(腫脹),乾燥化(つっぱり感)
3.1ヶ月位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

オノフェアクネクリームの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わります。)。
(4)使用期限(外箱に記載)を過ぎた製品は使用しないでください。なお,使用期限内であっても,一度開封した後はなるべく使用してください。

オノフェアクネクリームが気になる人向けのコラム

皮膚の構造と役割とは? 3層からなる皮膚の構造|バリア機能とは

全身を覆う皮膚の表面積は成人で1.5~1.8m2、重さは10kg近くもあり、体の最も大きな器官です。その構造は外側から内側へ表皮、真皮、皮下組織の3層になっています。分泌腺である脂腺や汗腺、角質からなる毛や爪は、皮膚付属器と呼ばれます。皮... 続きを読む

子宮のはたらきとは? 女性ホルモンは妊娠にも病気にも関係してる?

1個の精子を受け入れた卵子(受精卵)を着床させ、出産までの長い時間、胎児を保護し育む部屋、それが子宮です。骨盤に囲まれた空間のほぼ中央、直腸と膀胱(ぼうこう)にはさまれ、左右を靭帯(じんたい)で支えられて浮かぶように位置しています。
... 続きを読む

緑茶の6つの健康効果-茶葉から淹れたお茶の方が栄養分は豊富

古くは中国から伝わったものですが、食後の一服や「ホッ」と一息というとき、また気分をしゃんとさせたいときにも、緑茶は私たち日本人にとって欠かせない飲みものとなっています。
緑茶は、かつては薬として貴族たちの間で珍重されていました。ビタミン... 続きを読む

ピルは避妊意外のメリットがある-ピルで体質改善や病気予防

週刊誌やテレビで、芸能人の「できちゃった婚」のニュースをよく目にしますが、日本では避妊の失敗などによる「意図しない出産」や「望まない出産」が約40%弱もあるといわれています。問題なのは、望まない妊娠で仕事や学校を辞めざるを得なかったり、中... 続きを読む

アーティチョーク葉エキス

アーティチョークは菊科の多年草で、「チョウセンアザミ」とも呼ばれます。観賞用としても栽培されますが、ヨーロッパではアーティチョークのつぼみは、定番の野菜のひとつ。日本では気候が合わないため、あまりスーパーには出回っていません。
茹でたり... 続きを読む