連珠飲エキス細粒G「コタロー」の効能・用量・副作用など

連珠飲エキス細粒G「コタロー」の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 漢方製剤
形状 散剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

連珠飲エキス細粒G「コタロー」の特徴

本剤は動悸,めまい,立ちくらみ,息切れなどの症状を改善する漢方処方です。華奢(きゃしゃ)な方やダイエットをしてやせた方の中には,貧血でお悩みの方が結構おられます。若い時は大したことがなくても,歳を重ねるにしたがって,更年期からのホルモン変調などによりこのような不定愁訴を訴えることが多くなります。
連珠飲エキス細粒G「コタロー」は,血液の不足を補い,その循環を高め,水分の片寄りや神経の働きを整える働きがあります。

連珠飲エキス細粒G「コタロー」の効能効果

体力中等度又はやや虚弱で,ときにのぼせ,ふらつきがあるものの次の諸症:更年期障害,立ちくらみ,めまい,動悸,息切れ,貧血

連珠飲エキス細粒G「コタロー」の用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):1包または2.0g:3回
15歳未満7歳以上:2/3包または1.3g:3回
7歳未満4歳以上:1/2包または1.0g:3回
4歳未満2歳以上:1/3包または0.7g:3回
(大入り剤に添付のサジは,すり切り一杯で0.6gです)
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

連珠飲エキス細粒G「コタロー」の成分分量

3包(6g)中
水製エキス 4.6g (トウキ・ビャクジュツ・センキュウ・シャクヤク・ジオウ各2.4g,カンゾウ1.6g,ブクリョウ4.8g,ケイヒ3.2g)
(添加物)
含水二酸化ケイ素,ステアリン酸マグネシウム,アメ粉

連珠飲エキス細粒G「コタロー」の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸の弱い人。
(5)下痢しやすい人。
(6)高齢者。
(7)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(8)次の症状のある人。
むくみ
(9)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,胃部不快感,食欲不振,胃部圧迫感,腹痛
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.服用後,次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続または増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
5.長期連用する場合には,医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

連珠飲エキス細粒G「コタロー」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)水分が付きますと,品質の劣化をまねきますので,誤って水滴を落したり,ぬれた手で触れないでください。
(5)1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
(分包剤のみ)
(6)湿気などにより薬が変質することがありますので,服用後は,ビンのフタをよくしめてください。
(大入り剤のみ)
(7)使用期限を過ぎた商品は服用しないでください。
(8)ビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。
(大入り剤のみ)

連珠飲エキス細粒G「コタロー」に効果効能が似た薬

連珠飲エキス細粒G「コタロー」が気になる人向けのコラム

立ちくらみと貧血は別物 疲れやすさや動悸・息切れは貧血かも

立ちくらみは俗に脳貧血といわれるが、貧血とは別のもの。 「貧血」は血液中の赤血球が少なくなる病気。一過性の血圧低下による「脳貧血」との違いについて解説します。 立ちくらみは、血圧の一時的な低下による脳の血流不足 急に立ち上がった時、... 続きを読む

女性の更年期は体の転換期-食事・運動・リフレッシュが重要

3月1日から8日は「女性の健康週間」です。そこで、女性にとって体の「転換期」とも言える更年期の健康について考えてみましょう。更年期の健康と言っても、当然それ以前の健康状態や生活習慣などが大きく影響しますから、更年期について知っておくことは... 続きを読む

男性の更年期障害の症状とは-治療法と生活習慣から改善するコツ


更年期障害といえば、以前は女性だけが抱える問題だと考えられていました。ところが最近、男性にも更年期障害があることがわかり、注目されています。
症状で多いのは、疲れやすい、何事にもやる気が起きない、気分が沈みがち、性欲が低下した、勃起... 続きを読む

なかなか寝付けない夜の対処法-快眠するためのポイント3つ

いま「眠れない人」が増えています。眠れない人に共通しているのは、残業などで帰宅時間が遅く、眠る時間が不規則だったり、仕事や生活で強いストレスを感じているなど、社会的な影響が強いことが特徴です。さらに眠れないことを気にしているとかえって緊張... 続きを読む

更年期障害の症状-女性なら知っておきたい更年期の症状あれこれ

「最近、顔がほてるし、すごく疲れやすいの」「それって更年期じゃない?」―こんな会話が20~30代の女性の間でも聞かれます。
20~30代でおこるほてりやのぼせ、めまい、イライラ、だるさ、月経不順などは、正しくは更年期症状とは別物です。そ... 続きを読む