ケラチナミンコーワクリームLの効能・用量・副作用など

ケラチナミンコーワクリームLの基本情報

ケラチナミンコーワクリームL

ケラチナミンコーワクリームL

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 皮膚軟化薬(吸出しを含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 興和
販売会社 興和新薬
医薬品区分 指定医薬部外品
リスク区分 なし

ケラチナミンコーワクリームLの特徴

リラクシング・ラベンダー
フレッシュ・ラベンダーにカモミールを添えて。どこまでも優しく,心地良い香りに包まれます。

ケラチナミンコーワクリームLの効能効果

手足のかさつき・あれの緩和

ケラチナミンコーワクリームLの用法用量

1日数回適量を患部に塗布してください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を守ってください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(4)外用にのみ使用してください。
(5)化粧品ではありませんので,効能・効果で定められた患部のみに使用し,基礎化粧等の目的で顔面には使用しないでください。

ケラチナミンコーワクリームLの成分分量

100g中
尿素 10g
グリチルレチン酸 0.3g
(添加物)
ワセリン,セタノール,ステアリルアルコール,スクワラン,ポリソルベート60,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,ステアリン酸グリセリン,パラベン,エデト酸ナトリウム,リン酸二水素カリウム,水酸化ナトリウム,グリシン,マクロゴール,香料

ケラチナミンコーワクリームLの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の部位には使用しないでください
(1)目の周囲,粘膜等。
(2)傷口又は赤く腫れている部位。
(3)ただれやヒビ割れのひどい部位。
■相談すること
次の場合は,直ちに使用を中止し,この台紙を持って医師又は薬剤師に相談してください
(1)使用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ,刺激感(痛み,熱感,ぴりぴり感),かさぶたの様に皮ふがはがれる状態
(2)しばらく使用しても症状がよくならない場合

ケラチナミンコーワクリームLの保管上の注意

(1)高温をさけ,直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)本剤のついた手で,目など粘膜に触れないでください。
(5)使用期限(台紙及びチューブに記載)をすぎた製品は使用しないでください。

ケラチナミンコーワクリームLが気になる人向けのコラム

生活に取り入れたいアロマテラピー 乾燥しょうがは万能ハーブ

春の訪れは突然にやってきます。ふと気がつくと梅の花が咲き、桜の花が開き始めます。暖かな日差しを受け、春を迎える喜びを感じるその日は、新たな1年のスタートのように思われます。まずは体の準備が必要です。冬の間の寒さから体を守ってくれた肌や粘膜... 続きを読む

つらい手荒れを治す-症状別対策法・症状にあったハンドクリーム

気温が低く空気が乾燥した日が続くと、肌も乾燥します。顔も気になりますが、“手”はどうでしょうか?
ちょっとかさかさする程度から、ひび、あかぎれ、ささくれ、しもやけ、手湿疹など、“手あれ”に悩まされている人は多いのではないでしょうか。
... 続きを読む

いつも手足が冷たい…【女性の冷え】には病気が隠れているかも?

男性より女性の方が冷えるのはなぜ? 冷えに悩む女性は多いもの。いつも体が冷えている気がする、朝起きたときに手足がこわばる、足の先が冷えるなど……。しかし、なぜ女性の方が冷えやすいのでしょうか。 日常のあらゆる行動をするとき、人は筋肉... 続きを読む

素足美人になるフットケア 2 足浴のすすめ、ドライヤーでもOK?

長時間立ちっぱなしだったり、一日中ハイヒールをはいて過ごしたりして足が疲れたり、むくんだとき。あるいはこの季節、寒くて足が冷えきってしまったとき、足浴をためしてみませんか?
足をお湯につけて温めると、足先の血管が広がって、血行がよくなり... 続きを読む

食事の食べ合わせで栄養価UP-真似したい7つの食べ合わせ

昔から、「ウナギと梅干」「スイカと天ぷら」「シイタケとカニ」など、食べ合わせについては諸説論じられています。このような言い伝えは、一般的に、あまり科学的な根拠がないとされていました。
しかし最近では、複数の食品を組み合わせる食べ合わせ... 続きを読む