キズコロリ 液体絆創膏Tの効能・用量・副作用など

キズコロリ 液体絆創膏Tの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 殺菌消毒薬(特殊絆創膏を含む)
形状 液剤
製造販売会社 横山製薬
医薬品区分 指定医薬部外品
リスク区分 なし

キズコロリ 液体絆創膏Tの特徴

小さなすり傷,切り傷,さし傷,かき傷,靴ずれにお使いいただけます。キズに塗ると,一瞬しみますがすぐに乾いて,殺菌効果がある透明な被膜をつくり,被膜が,ほこりやばい菌,水やお湯からキズを守ります。
炊事,洗濯などの水仕事,ご入浴,水泳,海水浴,釣り,スポーツ,レジャーに

キズコロリ 液体絆創膏Tの効能効果

すり傷,切傷,さし傷,かき傷,靴ずれ,創傷面の消毒・保護(被覆)

キズコロリ 液体絆創膏Tの用法用量

患部を清潔にし,傷部のみに適量を塗り,そのまま静かに乾燥させてください。
(用法関連注意)
1.小児に使用させる場合には,必ず保護者の指導監督のもとに使用させてください。
2.目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗い,直ちに眼科医の診療を受けてください。
3.本剤は外用にのみ使用し,内服しないでください。
4.患部が血や水,油分などで汚れていると,薬剤が付きにくいので,使用前によくふきとってください。
5.塗布後の部位を火気に近づけないでください。

キズコロリ 液体絆創膏Tの成分分量

100g中
トリクロロカルバニリド 0.1g
(添加物)
ピロキシリン,ヒマシ油,酢酸ブチル,ベンジルアルコール,エタノール,その他1成分

キズコロリ 液体絆創膏Tの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります)
1.次の部位には使用しないでください。
(1)目や目の周囲,顔,頭,唇,粘膜等
(2)ただれ,化膿及び傷口の大きい患部,出血している患部
(3)湿疹
(4)除毛,脱毛,ひげそり,ピーリング(角質除去)等で痛んだ皮膚
■相談すること
1.次の人は,使用前に医師又は薬剤師に相談してください。
(1)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(2)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.次の場合は,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談してください。
(1)使用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
(2)本剤を使用しても症状の改善が見られない場合や,使用後,かえって症状が悪化した場合。

キズコロリ 液体絆創膏Tの保管上の注意

■火気厳禁
1.直射日光をさけ,なるべく湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
2.小児の手のとどかない所に保管してください。
3.誤用をさけ,品質を保持するため,他の容器に入れかえないでください。
4.本剤は引火性ですので,火気に近づけないでください。
5.本剤は揮発性ですので,キャップの締めがゆるいと薬剤が固まってしまいます。ご使用後は容器の口,ねじ部,キャップの内側に付いた薬剤をティッシュや綿棒等でよくふきとった上,キャップをしっかり締めてください。
6.ヘラは薬剤をふきとってから箱に戻し,清潔にしてご使用ください。
7.本剤が衣服や布,家具や床,絨毯,畳などに付着した場合,変質することがあります。こぼしたり周囲に付いたりしないようご注意ください。
8.使用期限が過ぎた製品は使用しないでください。
9.開封後はなるべく早くお使いください。

キズコロリ 液体絆創膏Tに効果効能が似た薬

キズコロリ 液体絆創膏Tが気になる人向けのコラム

すりごまふりかけダイエットとは

すりごまふりかけ
すりごまふりかけダイエットとは、ごはんの上に、すったごまをふりかけて食べるダイエットです。スプーン1杯のすりごまをごはんにかけるだけなので楽ちんなダイエットです。楽なだけではなく、ごまは抗酸化成分が豊富で健康食品として... 続きを読む

耳そうじはどれぐらいの間隔でするべき? 正しい耳そうじの仕方

皆さんは耳そうじを定期的にしていますか?
定期的にといっても週に何回もやる必要はないのですが、かといって1年に1回とか2~3回などというのも、ちょっと問題かもしれません。そんなに放っておいて、耳の中がかゆくなったりすることはないのでしょう... 続きを読む

毎日のお風呂で健康とリラックス-ストレスを溜めないお湯の温度は?

忙しいから普段はお風呂じゃなくてシャワー、という人も多いでしょう。でも、お風呂にはシャワーでは得られない健康効果がいっぱい。温かいお湯につかるとホッとして、疲れがとれる気がしますが、それはどうしてなのでしょうか?
入浴時、私たちの体は次... 続きを読む

救急車を呼ぶ前に…緊急性があるか迷ったら、相談ダイヤルを利用して

緊急性がないのに救急車を呼ぶ人が増えているそうです。そういった人が多いと本当に必要な人への到着時間が遅れることになります。救急車を呼ぶべきか迷うことがあったら相談できる窓口があるので是非、活用してください。 「眠れない」「靴ずれで足が... 続きを読む

軽いケガなら消毒やガーゼはいらない? ケガの治療の新常識

「けがをしたら、傷口を消毒しないとばい菌が入る」。そう思っていませんでしたか?
ところが消毒薬を使うと、細菌と一緒に傷の表面の細胞も死んでしまい、傷口が痛む原因になってしまいます。またガーゼを使うと、傷を治す体液を吸い取り、傷口を乾燥さ... 続きを読む