ピロエースZジェットスプレーの効能・用量・副作用など

ピロエースZジェットスプレーの特徴

ピロエースZジェットスプレー

ピロエースZジェットスプレー

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 みずむし・たむし用薬
形状 噴霧剤・噴射式エアゾール 
製造会社 第一三共ヘルスケア
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品
同じ分類の薬 BTプラスV8クリーム   BTプラスV8液   アウトC液   アスターG軟膏   アスター軟膏  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



ピロエースZジェットスプレーの効能・効果

水虫,いんきんたむし,ぜにたむし

ピロエースZジェットスプレーの用法・用量

1日1回,適量を患部に噴射塗布する。
(用法関連注意)
(1)使用法を厳守すること。
(2)患部やその周囲が汚れたまま使用しないこと。
(3)目に入らないように注意すること。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗い,直ちに眼科医の診療を受けること。
(4)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させること。
(5)外用にのみ使用すること。
(6)患部まで約5cmの距離で噴射すること。
(7)凍傷になる恐れがあるので,同じ箇所に連続して1秒以上噴射しないこと。
(8)患部に対して容器を必ず下に向けて使用すること。

ピロエースZジェットスプレーの成分・分量

50mL中
ラノコナゾール 0.2g
クロルフェニラミンマレイン酸塩 0.1g
クロタミトン 1g
グリチルレチン酸 0.1g
l-メントール 0.2g
(添加物)
エタノール,pH調節剤,DME

ピロエースZジェットスプレーの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.次の人は使用しないこと。
本剤又は本剤の成分により過敏症状(発疹・発赤,かゆみ,浮腫等)を起こしたことがある人
2.次の部位には使用しないこと。
(1)目や目の周囲,顔面,粘膜(例えば,口腔,鼻腔,膣等),陰のう,外陰部等
(2)しっしん
(3)湿潤,ただれ,亀裂や外傷のひどい患部
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人
(2)乳幼児
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(4)患部が広範囲の人
(5)患部が化膿している人
(6)「しっしん」か「みずむし,いんきんたむし,ぜにたむし」かがはっきりしない人
(陰のうにかゆみ・ただれ等の症状がある場合は,しっしん等他の原因による場合が多い)
(7)妊婦又は妊娠していると思われる人
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この製品を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,かぶれ,はれ,刺激感,熱感,ただれ,乾燥・つっぱり感,水疱,ヒリヒリ感,亀裂
なお,「むくみ,息苦しさ」があらわれた場合には,直ちに医師の診察を受けること。
3.使用後,症状がかえって悪化した場合(ただれたり,化膿したり,病巣が前より広がる等)は,直ちに使用を中止し,この製品を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
4.2週間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この製品を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
その他の注意
<成分・分量に関連する注意>
(1)本剤はアルコールを含んでいますのでしみることがあります。
(2)塗布後ほてり(熱感)を感じることがありますが、短時間のうちに消失します。

ピロエースZジェットスプレーの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)火気に近づけないこと。
(4)本剤は化学繊維,プラスチック類,塗装面等を溶かしたりすることがあるので,床,家具,メガネ等につかないようにすること。
(5)缶底に表示の使用期限を過ぎた製品は使用しないこと。
(6)捨てるときには,火気のない戸外で噴射音が消えるまでボタンを押し,ガスを抜くこと。