ベリコンSの効能・用量・副作用など

ベリコンSの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮咳去痰薬
形状 液剤
製造販売会社 龍角散
販売会社 龍角散
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ベリコンSの特徴

龍角散のせきどめ液[ベリコンS]は,せき中枢にはたらいて,せきの発作を抑え気管支をひろげてせきをしずめます。またアレルギー性のせきや,たんを伴うせきにもすぐれた効果をあらわします。夜中の急なせきや,がんこなたんもすばやく抑える,大人1回1本飲みきりのシロップ剤です。

ベリコンSの効能効果

せき,たん

ベリコンSの用法用量

大人(15歳以上)1回量10mL(1本),15歳未満は服用しないこと
通常1日4回,毎食後および就寝前に服用すること。場合により6回まで服用して差し支えないがその場合は原則として約4時間の間隔をおいて服用すること。
(用法関連注意)
・用法・用量を厳守してください

ベリコンSの成分分量

60mL中
ジヒドロコデインリン酸塩 30mg
dl-メチルエフェドリン塩酸塩 45mg
ノスカピン塩酸塩水和物 45mg
ジプロフィリン 120mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 12mg
無水カフェイン 75mg
グアイフェネシン 225mg
セネガ流エキス 0.9mL (セネガ900mg)
(添加物)
白糖,サッカリンナトリウム,D-ソルビトール,クエン酸,クエン酸ナトリウム,パラベン,エタノール,黒糖フレーバー,エチルバニリン,香料

ベリコンSの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります)
1.本剤を服用している間は次のいずれの医薬品も使用しないでください。
他の鎮咳去痰薬,かぜ薬,鎮静薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(鼻炎用内服薬,乗物酔い薬,アレルギー用薬等)
2.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないでください。
(眠気等があらわれることがあります)
3.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください。
4.過量服用・長期連用しないでください。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。高熱,排尿困難
(6)次の診断を受けた人。心臓病,高血圧,糖尿病,緑内障,甲状腺機能障害,てんかん
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振
精神神経系:めまい
循環器:動悸
泌尿器:排尿困難
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
再生不良性貧血:青あざ,鼻血,歯ぐきの出血,発熱,皮膚や粘膜が青白くみえる,疲労感,動悸,息切れ,気分が悪くなりくらっとする,血尿等があらわれる。
無顆粒球症:突然の高熱,さむけ,のどの痛み等があらわれる。
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の継続又は増強が見られた場合には服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
便秘,口のかわき,眠気
4.5?6回服用しても症状が良くならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ベリコンSの保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
2.小児の手の届かない所に保管してください。
3.他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
4.使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。
5.本品は生薬成分を配合していますので沈殿を生じることがありますが,効力に変わりありません。よく振ってから服用してください。

ベリコンSが気になる人向けのコラム

美肌効果もある★いちごダイエット★

いちご
りんごとともに、ダイエット効果が期待されるのがいちごで
す。いちご100グラムあたり34kcalと、りんごより
ややカロリーは低めです。その上、ビタミンCを多く含むため
美肌効果や風邪予防に向いています。肌を美しく保つコラ... 続きを読む

咳が治らない原因は「咳喘息」かも? 咳喘息の6つの症状とは

風邪は治ったはずなのに、咳(せき)がなかなか止まらず1カ月以上も続いている――こんな場合は「咳喘息(せきぜんそく)」という病気になっている疑いがあります。
咳喘息は、気管支の内側の粘膜に慢性的に炎症が起こっていて、ちょっとした刺激にも... 続きを読む

春のストレスや不安感やイライラをアロマで解消-オイルの使い方

はるか昔から世界のさまざまな地域で、その土地でとれる植物の力や人の手などを利用した自然療法が、家庭でも一般的に行われていました。今日のように西洋医学が普及していなかった時代には、身近に手に入れやすい材料を利用して体の不調を治すことが、あた... 続きを読む

食べるだけでもカロリー消費するめダイエット

するめ
するめダイエットは、お腹が空いたらするめをかじるというダイエット方法です。
するめは細かく切り裂いたものを少しづつ食べると、カロリーが気になりません。
仮に裂いたものを10グラム食べても、30kcal程度になります。
する... 続きを読む

「百日ぜき」が大人に急増-子どもにうつると重症に発展する場合も

激しいせきがしつこく続く百日ぜきが大人に急増しています。これまでは、乳幼児を中心とした子どもの病気と考えられていましたが、最近は大学生の集団感染をはじめ、大人の感染例が急増しています。国立感染症研究所感染症情報センターの調べでは、患者数そ... 続きを読む