ヒフメディックPHローションの効能・用量・副作用など

ヒフメディックPHローションの特徴

○かゆみどめ成分(ジフェンヒドラミン塩酸塩,リドカイン)のはたらきで,かゆみをすばやく鎮めます。また,イソプロピルメチルフェノールが患部の殺菌・消毒をし,症状の悪化を防ぎます。
○プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)は,「アンテドラッグ」のステロイド剤で,かゆみの元となる炎症を鎮めます。
■「アンテドラッグ」とは?……皮ふ表面の患部で抗炎症作用を発揮したのち,体内に吸収されると低活性となる性質を持つ薬剤の総称です。そのためステロイド特有の副作用を起こしにくい特性をもっています。
○患部に直接塗ることができるので,手や髪の毛を汚さずに塗布することができます。
○頭皮につけたときに,患部にとどまって,たれにくいよう適度な粘度がある液体タイプです。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 液剤 
製造会社 ジャパンメディック
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品
同じ分類の薬 64サールクール   DHC おきゅパッチシート(ホット)   DHC かゆみ止め軟膏   DHC ジェルシート(ホット)   DHC 気孔シート  



ヒフメディックPHローションの効能・効果

かゆみ,湿疹,皮膚炎,あせも,かぶれ,虫さされ,じんましん

ヒフメディックPHローションの用法・用量

1日数回,適量を患部に塗布してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量をお守りください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないようご注意ください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(4)染めた髪につくと色落ちする場合がありますので,ご使用に際しては,注意してください。
(5)本剤は外用にのみ使用し,内服しないでください。

ヒフメディックPHローションの成分・分量

100mL中
プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル 0.15g
ジフェンヒドラミン塩酸塩 2g
グリチルレチン酸 0.2g
イソプロピルメチルフェノール 0.1g
リドカイン 1g
l-メントール 3.5g
(添加物)
1,3-ブチレングリコール,ヒドロキシプロピルセルロース,乳酸,乳酸ナトリウム,エタノール

ヒフメディックPHローションの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の部位には使用しないでください。
(1)水痘(水ぼうそう),みずむし・たむし等又は化膿している患部
(2)創傷面,目の周囲,粘膜
2.顔面には広範囲に使用しないでください。
3.長期連用しないでください。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(4)患部が広範囲の人
(5)湿潤やただれのひどい人
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ,はれ
皮ふ(患部):みずむし・たむし等の白癬,にきび,化膿症状,持続的な刺激感
3.5〜6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ヒフメディックPHローションの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して立てて保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)火気に近づけないでください。
(5)液がたれないように注意して使用してください。
(6)時計,メガネ等の金属類,プラスチック類,化学繊維類,皮革製品,塗装のしてある床・家具類に付着すると変質することがありますので,付着しないよう注意してください。
(7)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。