ラクティブプラスNAの効能・用量・副作用など

ラクティブプラスNAの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 整腸薬
形状 錠剤
製造販売会社 京都薬品工業
販売会社 京都薬品ヘルスケア
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ラクティブプラスNAの特徴

腸内に生息している細菌は100兆個にも及び,健康・疾病と密接に関わっています。腹部膨満感,軟便,便秘などの腸の異常は悪玉菌が増殖し,腸内細菌のバランスが崩れたときに発生します。このバランスを改善するには善玉菌,特に乳酸菌(ビフィズス菌など)を優勢に保つことが必要です。
ラクティブプラスNAは,2種類の乳酸菌に,その増殖を手助けするビオナットミンと,消化酵素のビオヂアスターゼ2000をプラスした整腸薬です。

ラクティブプラスNAの効能効果

整腸(便通を整える),腹部膨満感,軟便,便秘

ラクティブプラスNAの用法用量

次の量を食後に服用してください。
[年齢:1回服用量:1日服用回数]
大人(15歳以上):3錠:3回
11歳以上15歳未満:2錠:3回
5歳以上11歳未満:1錠:3回
5歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
1.定められた用法,用量をお守りください。
2.5歳以上15歳未満の小児に服用させる場合は,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
3.本剤がのどにつかえることのないよう,よく注意してください。

ラクティブプラスNAの成分分量

9錠中
ビオナットミン 100mg
コンクビオゼニン 100mg
ビフィズス菌 12mg
ビオヂアスターゼ2000 30mg
ニコチン酸アミド 5mg
無水リン酸水素カルシウム 1089mg
沈降炭酸カルシウム 225mg
(添加物)
D-ソルビトール,結晶セルロース,ステアリン酸マグネシウム,香料

ラクティブプラスNAの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。)
1.次の人は服用しないでください。
○牛乳によるアレルギーを起こしたことがある人。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)次の診断を受けた人。
○甲状腺機能障害
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
○便秘,下痢
4.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ラクティブプラスNAの保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
2.小児の手の届かない所に保管してください。
3.他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり,品質が変わります。)
又,本剤の容器に本剤以外のものを入れないでください。
4.容器の中の詰め物は,輸送中に本剤が破損するのを防止するために入れてありますので,フタを開けた後は捨ててください。
5.錠剤の斑点は成分によるもので,品質には問題ありません。
6.容器のフタのしめ方が不十分な場合は,湿気などの影響により本剤が変質するおそれがありますので,服用後はそのつど必ずフタをしっかりしめてください。
7.本剤にぬれた手で触れないでください。又,手にとった錠剤を元の容器にもどしますと,他の錠剤に影響を与えることがありますのでご注意ください。
8.使用期限の過ぎた製品は服用しないでください。
9.外箱と容器の「開封年月日」記入欄に,開封した日付を記入してください。
10.一度開封した後は,品質保持の点からなるべく早く服用してください。
11.この説明文書には,本剤を服用するときに必要な注意事項などが記載されていますので,服用が終わるまで本剤とともに外箱に入れて保管してください。

ラクティブプラスNAが気になる人向けのコラム

あなたも北川景子顔に! 歯科医が教える【整顔テク】

冬になると、風邪や花粉症予防にマスクをしている女性が急増します。そんな女性がカフェでマスクをはずした顔を見ると!!!
「意外と年齢いってそう!」「美人だと思っていたのに……」なんて思ったことはないでしょうか?
物まねメイクで有名なざわち... 続きを読む

フローラチェック

「最近お腹の調子がおかしい」「風邪を引きやすい」「ダイエットしてもやせない」……。そんな人は、腸内細菌のバランスが崩れているかもしれません。... 続きを読む

ビフィズス菌BB536

ビフィズス菌とは、人や動物の腸内に多く棲む腸内細菌の一種。糖を分解して、酢酸や乳酸を作り出す働きがあります。
乳酸菌の一種と間違われがちですが、実は別の腸内細菌です。乳酸菌は腸内でビフィズス菌と比べて圧倒的に数が少なく、働き方も違うので... 続きを読む

腸内環境がからだの健康のを左右する-善玉菌を増やす方法とは

人の腸の中には、いわゆる善玉菌や悪玉菌など1000種類以上の細菌がすんでいて、それぞれの菌が自分の仲間を増やそうと勢力争いをしています。
ビフィズス菌、乳酸菌などの善玉菌は、腸内を酸性にして悪玉菌や病原菌の活動を抑え、腸内の腐敗を防ぐこ... 続きを読む

便やおならが臭い人は腸内フローラが原因? 腸美人になる食事法

腸内細菌が良好であることが健康には不可欠。 肥満や糖尿病、がんなどになりやすい体質にも腸内細菌が関連しています。便やおならが臭い人は腸内が腐敗している証拠かも。 ヒトの腸内には1000種類以上、100兆個以上の腸内細菌が 私たちの腸... 続きを読む