メコプロミンの効能・用量・副作用など

メコプロミンの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミンB1B6B12主薬製剤
形状 錠剤
製造販売会社 至誠堂製薬
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

メコプロミンの特徴

「腰の痛み」「肩・首すじのこり」「手足のしびれ」「つらい目の疲れ」などは,血行不良による筋肉疲労・末梢神経障害から起こります。
「メコプロミン」には,末梢神経を修復する「活性型ビタミンB12(メコバラミン)」,メコバラミンの働きを助ける「葉酸」,神経機能を維持する「ビタミンB6」,筋肉疲労を助ける「ビタミンB1誘導体フルスルチアミン塩酸塩」,血行を促進する「ビタミンE」が配合され末梢神経のキズに伴う痛み・しびれ・眼精疲労に効果があります。

メコプロミンの効能効果

次の諸症状※の緩和:神経痛,筋肉痛・関節痛(腰痛,肩こり,五十肩など),手足のしびれ,眼精疲労

メコプロミンの用法用量

次の量を食後に水またはお湯で服用してください。
[年齢:1回量:服用回数]
成人(15歳以上):1錠:1日3回
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
定められた用法・用量を厳守してください。

メコプロミンの成分分量

3錠中
メコバラミン 1500μg
葉酸 5mg
酢酸d-α-トコフェロール 100mg
フルスルチアミン塩酸塩 109.16mg (フルスルチアミン100mg)
ピリドキシン塩酸塩 100mg
(添加物)
カゼインナトリウム,ヒドロキシプロピルセルロース,乳糖水和物,ゼラチン,マクロゴール,タルク,炭酸カルシウム,ラウリル硫酸ナトリウム,カルメロースナトリウム(CMC-Na),カルメロースカルシウム(CMC-Ca),軽質無水ケイ酸,ケイ酸カルシウム,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,ステアリン酸マグネシウム,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),アラビアゴム,白糖,酸化チタン,カルナウバロウ

メコプロミンの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。)
次の人は服用しないこと。
本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
医師の治療を受けている人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,口内炎,食欲不振,胃部不快感
精神神経系:めまい
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):服用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる。
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
軟便,下痢,便秘
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
5.服用後,生理が予定より早くきたり,経血量がやや多くなったりすることがある。出血が長く続く場合は,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。

メコプロミンの保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
2.小児の手の届かない所に保管してください。
3.他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
4.湿気により錠剤表面が変色することがありますので,ぬれた手で触れないでください。
5.ビンの中の詰め物は,輸送中の錠剤破損防止用です。開封時に捨ててください。
6.ビンの中に乾燥剤が入っています。服用しないでください。
7.配置期限(外箱・ラベルに記載)を過ぎた製品は服用しないでください。なお,期限内であっても,一度開封した後は,品質保持の点からなるべく早く服用してください。

メコプロミンが気になる人向けのコラム

頭痛・吐き気の原因は眼精疲労が原因? 眼精疲労の解消法

長時間パソコンを使ったり、本を読んだりしているとき、頭痛が起きたことはありませんか?
それ、眼精疲労から頭痛が発生しているかもしれません。その解消法をまとめました。 眼精疲労が頭皮まで固くして頭痛に 頭痛にはたくさんの種類がありますが、... 続きを読む

いつも手足が冷たい…【女性の冷え】には病気が隠れているかも?

男性より女性の方が冷えるのはなぜ? 冷えに悩む女性は多いもの。いつも体が冷えている気がする、朝起きたときに手足がこわばる、足の先が冷えるなど……。しかし、なぜ女性の方が冷えやすいのでしょうか。 日常のあらゆる行動をするとき、人は筋肉... 続きを読む

30代でもなる五十肩-2つのセルフチェックポイントと予防法

「ある日突然、肩が上がらなくなった」「肩の痛みで眠れない」「じっとしていても肩が痛む」といった症状が出たら、それは五十肩かもしれません。五十肩といっても実際は40代から50代にかけての発症が多く、最近では30代でもみられるなど若年化する傾... 続きを読む

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む

疲れ目の原因は使いすぎ?病気のシグナル? 4つの眼精疲労タイプ

本を読んだり、手先の細かい作業をしたり、パソコンのモニターを長時間見たりすると、目が疲れることはありませんか?
「よくあること」と、放っておくと、深刻なトラブルに発展する場合もあります。
長時間目を使ったあとの疲れは、目のまわりの筋... 続きを読む