クールタームCの効能・用量・副作用など

クールタームCの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 新生薬品工業・富
販売会社 ナガタ薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

クールタームCの特徴

クールタームCはさわやかな清涼感のあるかゆみ用の外用軟膏です。かゆいと神経がイライラし,患部を爪で引っかいて化膿をおこしたりします。ですから軽く考えずかゆみを早くとらなければなりません。このようなときクールタームCは効果を発揮します。クールタームCは局所消炎作用を有するl-メントール,局所消炎・鎮痒作用を有するdl-カンフル,局所麻酔作用を有するリドカイン,抗ヒスタミン剤のジフェンヒドラミンを配合した透明なゼリー剤です。

クールタームCの効能効果

かぶれ,湿疹,じんましん,皮膚炎,あせも,しもやけ,虫さされ,かゆみ,ただれ

クールタームCの用法用量

1日数回,適量を患部に塗布する。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守して下さい。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させて下さい。
(3)目に入らないように注意して下さい。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗い流して下さい。なお,症状が重い場合には,眼科専門医の診療を受けて下さい。
(4)本剤は外用にのみ使用し,内服しないで下さい。
(5)患部やその周囲が汚れたまま使用しないで下さい。

クールタームCの成分分量

100g中
l-メントール 4g
dl-カンフル 3g
リドカイン 2g
ジフェンヒドラミン 1g
(添加物)
トリイソプロパノールアミン,プロピレングリコール,エタノール,その他3成分

クールタームCの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

クールタームCの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限(ケースに記載)を過ぎた製品は使用しないで下さい。なお,使用期限内であっても,開封後はなるべく早く使用して下さい。
(5)本剤は揮発性ですので,キャップをあけて放置するとチューブの口の部分が白くなることがあります。白くなっても効果に変わりはありませんが,使用後は密栓して下さい。
(6)火気に近づけないで下さい。
(7)アルコールなどにとけるおそれのあるもの(めがねのわく,塗装家具など)にはつかないようにして下さい。

クールタームCが気になる人向けのコラム

あせも予防に大切なポイントとは

あせもができるメカニズム

大量発汗時に汗の管である汗管が閉塞し、汗が皮膚の外に出ずに汗管外(皮膚内)に漏出して発症する。浅いところでの閉塞は、水疱が主にでき水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)という。痒みはない。一方、深いところでの... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

善玉HDLコレステロールは多いほうが良い-増やすポイントは?

特定健康診査における脂質の基準値は、LDLコレステロール(LDL-C)120mg/dl未満、HDLコレステロール(HDL-C)40mg/dl以上、中性脂肪(トリグリセリド;TG)150mg/dl未満です。こうした基準値は通常、大きい値のほ... 続きを読む

ゼリーをダイエットに役立てよう!

ゼリー
ゼリーは、腹持ちが良く、カロリーが低めのものが多いので、ダイエットをするときに、大いに役立ってくれる、おすすめの食品です。
ダイエットだからといって、三食全部をゼリーにしてしまうのは、あまりおすすめできません。ストレスが過大に... 続きを読む

テストで脳のクセが分かる-脳のタイプでストレス対策ができる 2

仲間と賑やかにしているのが好きで、いつも誰かがそばにいないとダメな甘えん坊さんがこのタイプ。脳のクセでいえば「報酬依存」傾向の強い人です。
この場合の報酬とは、「周りから認められているという実感」のことで、これがないと不安になり、拒絶さ... 続きを読む