新タカヂア錠の効能・用量・副作用など

新タカヂア錠の基本情報

新タカヂア錠

新タカヂア錠

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 消化薬
形状 錠剤
製造販売会社 第一三共ヘルスケア
医薬品区分 指定医薬部外品
リスク区分 なし

新タカヂア錠の特徴

●すぐれたでんぷん・たんぱく質消化作用を有しています。
●広いpH領域(pH3?8の範囲)で消化作用を示し,胃酸(胃液)中でも消化力が低下しません。
●タカヂアスターゼN1は,緑茶,紅茶及びコーヒーによって,でんぷん消化力にほとんど影響を受けません。

新タカヂア錠の効能効果

●消化促進,消化不良
●食欲不振(食欲減退),食べ過ぎ,もたれ,胸つかえ
●消化不良による胃部・腹部膨満感

新タカヂア錠の用法用量

次の量を水又はお湯で服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
15歳以上:4錠:3回 食後に服用して下さい。
11歳以上15歳未満:3錠:3回 食後に服用して下さい。
8歳以上11歳未満:2錠:3回 食後に服用して下さい。
5歳以上8歳未満:1錠:3回 食後に服用して下さい。
5歳未満:服用しないで下さい。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守して下さい。
(2)5歳以上の小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。

新タカヂア錠の成分分量

12錠中
タカヂアスターゼN1 600mg
(添加物)
タルク,ステアリン酸マグネシウム,ヒドロキシプロピルセルロース,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,デキストリン,D-マンニトール

新タカヂア錠の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)本人又は家族がアレルギー体質の人
(3)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
(2)2週間位服用しても症状がよくならない場合

新タカヂア錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わります)
(4)ぬれた手で取り扱わないで下さい。水分が錠剤につくと,表面が一部溶けて,変色又は色むらを生じることがあります。また,ぬれた錠剤をビンに戻すと他の錠剤にも影響を与えますので,戻さないで下さい。
(5)ビンの中の詰め物は輸送中の錠剤破損防止用ですので,開封後は捨てて下さい。
(6)表示の使用期限を過ぎた製品は使用しないで下さい。

新タカヂア錠が気になる人向けのコラム

薬は緑茶で飲んでも大丈夫? やっちゃいけない薬との飲み合わせは?

薬と食品の飲み合わせには注意が必要なものがあります。特定の飲み物と一緒に飲むと、効果が弱くなったり強くなったり副作用を引き起こすものもあるので注意しましょう。 薬を液体と一緒に飲むのは粘膜の保護のため そもそも、飲み薬はなぜ、そのまま... 続きを読む

温かいご飯から冷たいご飯に替えるダイエット

冷たいご飯
でんぷんを多く体内に摂取すると脂肪に変わりやすいです。
ダイエットするには出来るだけでんぷんを制限したいところですが、でんぷんが多く含まれている代表的なご飯は日本人なら一日一度は食べたい食材なので制限しにくいのが難点です。... 続きを読む

緑茶の6つの健康効果-茶葉から淹れたお茶の方が栄養分は豊富

古くは中国から伝わったものですが、食後の一服や「ホッ」と一息というとき、また気分をしゃんとさせたいときにも、緑茶は私たち日本人にとって欠かせない飲みものとなっています。
緑茶は、かつては薬として貴族たちの間で珍重されていました。ビタミン... 続きを読む

1日緑茶5杯、コーヒー4杯で長生き? カテキンとカフェインの健康効果

あなたは緑茶またはコーヒーを1日何杯くらい飲んでいるでしょうか?
日本人にとって、緑茶は昔からなじみの深い飲み物ですが、今ではコーヒーも欠かせない飲み物になっていますね。食後や仕事の合間に、あるいは一息入れたいとき、緑茶やコーヒーを飲むと... 続きを読む

しょうが紅茶でポカポカ代謝あげダイエット

しょうが紅茶
しょうがと紅茶を使ったダイエットが話題に多くのぼっていますが、以前からこの組み合わせは風邪の引きはじめによく利用されていました。しょうがは、血行をよくする生薬なので悪寒がする時に温かい紅茶にすりおろしたしょうがを入れて飲む... 続きを読む