パンシロンビオリズム健胃消化整腸薬の効能・用量・副作用など

パンシロンビオリズム健胃消化整腸薬の基本情報

パンシロンビオリズム健胃消化整腸薬

パンシロンビオリズム健胃消化整腸薬

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 制酸・健胃・消化・整腸を2以上標榜するもの
形状 錠剤
製造販売会社 ロート製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

パンシロンビオリズム健胃消化整腸薬の特徴

膨満感・便通リズムの改善に効く
苦しいおなかのハリ・もたれ 胃と腸を動かして効く

パンシロンビオリズム健胃消化整腸薬の効能効果

整腸(便通を整える),腹部膨満感,便秘,軟便,胃部・腹部膨満感,消化不良による胃部・腹部膨満感,消化不良,消化促進,食欲不振(食欲減退),胃弱,食べ過ぎ(過食),飲み過ぎ(過飲),胸やけ,もたれ(胃もたれ),胸つかえ,吐き気(むかつき,胃のむかつき,二日酔・悪酔のむかつき,嘔気,悪心),嘔吐

パンシロンビオリズム健胃消化整腸薬の用法用量

次の量を1日3回,食後又は就寝前に水又はお湯で服用してください。
成人(15才以上)…1回2錠
15才未満は服用しないこと
(用法関連注意)
用法・用量を厳守すること

パンシロンビオリズム健胃消化整腸薬の成分分量

6錠中
カルニチン塩化物 600mg
ラクトミン〔乳酸菌(フェーカリス菌)〕 45mg
ジメチルポリシロキサン 36mg
パントテン酸カルシウム-タイプS 46.2mg (パントテン酸カルシウム30mg)
銅クロロフィリンナトリウム 40mg
ビオヂアスターゼ2000 90mg
プロザイム6 30mg
リパーゼAP12 60mg
(添加物)
セルロース,D-マンニトール,乳酸カルシウム,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,クロスカルメロースナトリウム(クロスCMC-Na),ヒドロキシプロピルセルロース,スクラロース,ステアリン酸マグネシウム,l-メントール,香料,緑茶末

パンシロンビオリズム健胃消化整腸薬の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この袋を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
3.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この袋を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。

パンシロンビオリズム健胃消化整腸薬の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる)
(4)湿気により,変色など品質に影響を与える場合があるので,ぬれた手で触れないこと。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。なお,使用期限内であっても一度開封した後は,なるべく早く使用すること。

パンシロンビオリズム健胃消化整腸薬に効果効能が似た薬

パンシロンビオリズム健胃消化整腸薬が気になる人向けのコラム

睡眠とこころの関係-よく眠れないのは精神的な問題が原因かも?

日中何度も眠くなってしまう、夜なかなか眠れない、朝起きられずに大切な仕事や約束に遅刻してしまった・・・。睡眠にまつわる問題は、それ自体とても辛いことですね。睡眠不足で疲れているときには心もくたびれてしまいます。いらいらしてゆとりをなくし、人... 続きを読む

朝食を食べて集中力UP!食べられない人は体内リズムを整えて

「朝は起きるのがやっとで食欲もない。朝食なんてとても…、」という人が多いのでは?
厚生労働省の平成16年「国民健康・栄養調査」によると、朝食を食べない人は年々増えており、その割合は男女とも20代で最も高く、男性で34.3%、女性で22.... 続きを読む

αGG

美肌を作る作用から、いま化粧品などで話題に。正式には「α-グルコシルグリセロール」といい、もともとは日本酒に含まれる旨み成分です。「清酒白鹿」で知られる辰馬本家酒造の研究者が独自に抽出、その機能性の応用が注目されています。 「日本酒はお米... 続きを読む

夜遅く食べるとなぜ太る?-原因はBMAL1(ビーマルワン)

「夜遅く食べると太る」ことは、だれでも知っているでしょう。ダイエットをする人にとって「夜遅く食べない」ことは鉄則ですよね。
でもどうしてなのでしょうか?食べてすぐに寝てしまうのでエネルギーが消費されず、脂肪としてため込まれるためという... 続きを読む

乱れがちな生活のリズム-体内時計を整える5つのテクニック

私たちの体には、意識しなくてもきまった周期で体の働きを変動させる「生体リズム」が備わっています。たとえば夜暗くなると眠くなり、朝になると目が覚める24時間周期の睡眠・覚醒のリズム、レム睡眠とノンレム睡眠を約90分周期でくり返す睡眠のリズム... 続きを読む