ルビーナめぐりの効能・用量・副作用など

ルビーナめぐりの特徴

●ルビーナめぐりは,漢方処方「当帰芍薬散加人参」にもとづく製品です。
●次のはたらきにより体全体のバランスを良くしていき,つらいむくみ・生理痛・頭重などを改善します。
・血のめぐりを良くしていくことで,手足の先から体を温めます。
・水のめぐりを良くしていくことで,冷えの原因となる水が体にたまっているのを改善します。
・弱った胃腸のはたらきを活発にすることで,体を芯から温めます。
●体力虚弱で胃腸が弱く,冷え症で貧血の傾向があり,疲労しやすい方に適しています。
●特有の香味をもったかっ色の錠剤です。

ルビーナめぐり

ルビーナめぐり

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 漢方製剤
形状 錠剤 
製造会社 武田コンシューマーヘルスケア
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 「クラシエ」漢方安中散加茯苓エキス錠   「クラシエ」漢方九味檳榔湯エキス錠   G・U・mメディカルタブレットEX   イイラック漢方胃腸薬細粒   イスクラ双料杞菊顆粒S  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



ルビーナめぐりの効能・効果

体力虚弱で胃腸が弱く,冷え症で貧血の傾向があり,疲労しやすく,ときに下腹部痛,頭重,めまい,肩こり,耳鳴り,動悸などを訴えるものの次の諸症:むくみ,月経痛,頭重,足腰の冷え症,月経不順,月経異常,産前産後あるいは流産による障害(貧血,疲労倦怠,めまい,むくみ),更年期障害,めまい・立ちくらみ,肩こり,腰痛,しみ,耳鳴り,しもやけ

ルビーナめぐりの用法・用量

次の量を,食前または食間に,水またはお湯で,かまずに服用すること。
[年齢:1回量:1日服用回数]
15歳以上:3錠:3回
7歳〜14歳:2錠:3回
7歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)用法・用量を厳守すること。

ルビーナめぐりの成分・分量

9錠中
当帰芍薬散加人参乾燥エキス 2150mg (トウキ・タクシャ・ブクリョウ各1750mg,センキュウ・ビャクジュツ各1500mg,シャクヤク2000mg,ニンジン1000mg)
(添加物)
無水ケイ酸,セルロース,クロスカルメロースナトリウム(クロスCMC-Na),ヒドロキシプロピルセルロース,ステアリン酸マグネシウム

「ルビーナめぐり」を含むQ&A

もっと見る

ルビーナめぐりの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)胃腸の弱い人。
(3)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気,食欲不振,胃部不快感,腹痛
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること

ルビーナめぐりの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)。
(4)ビンの中の詰め物は,フタをあけた後はすてること(詰め物を再びビンに入れると湿気を含み品質が変わるもとになる。詰め物は,輸送中に錠剤が破損するのを防止するためのものである)。
(5)服用のつどビンのフタをしっかりしめること(吸湿し品質が変わる)。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。
(7)箱とビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入すること。
(8)一度開封した後は,品質保持の点から開封日より6ヵ月以内を目安になるべくすみやかに服用すること。