プレフェミンの効能・用量・副作用など

プレフェミンの基本情報

プレフェミン

プレフェミン

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬主薬製剤
形状 錠剤
製造販売会社 ゼリア新薬工業
医薬品区分 要指導医薬品
リスク区分 要指導医薬品

プレフェミンの特徴

●「プレフェミン」は,チェストベリーのエキスを有効成分とした月経前症候群(PMS=プレ・メンストラル・シンドローム)の不快な症状を緩和する医薬品です。

プレフェミンの効能効果

月経前の次の諸症状(月経前症候群)の緩和:乳房のはり,頭痛,イライラ,怒りっぽい,気分変調

プレフェミンの用法用量

次の1回量を服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人女性(18歳以上):1錠:1回
18歳未満:服用しないでください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を守って,毎日服用してください。また,月経開始直後から飲み始めた場合,1ヵ月程度で症状の改善を自覚できる可能性が高いです。
(2)飲み忘れを防止するために,服用しやすい時間を定め,毎日決まった時間に服用してください。
(3)錠剤の取り出し方
錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出して服用してください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

プレフェミンの成分分量

1錠中
チェストベリー乾燥エキス 40mg (チェストベリー180mg)
(添加物)
無水ケイ酸,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),乳糖水和物,マクロゴール,ステアリン酸マグネシウム,結晶セルロース,プロピレングリコール,酸化チタン

プレフェミンの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないでください
(1)授乳中の人。
(2)本剤又はチェストベリー(別名チェストツリー,アグニ)によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.本剤を服用している間は,次の食品を摂取しないでください
チェストベリー(別名チェストツリー,アグニ)を含む食品
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)漢方製剤を服用している人。
(4)次の診断を受けた人。うつ病
(5)月経周期に関連なく乳房のはり,しこりがある人。
(6)月経不順の人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この添付文書を持って医師又は薬剤師に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
その他:月経異常(生理の周期や経血量の変化等)
3.1ヵ月程度服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この添付文書を持って医師又は薬剤師に相談してください
4.症状の改善がみられても3ヵ月を超えて続けて服用する場合は,定期的に医師に相談してください
その他の注意
■その他の注意
(1)服用を開始した際に,月経前の諸症状がより強くあらわれる場合がまれにあります。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人が服用するお薬ではありません。また,妊娠中の安全性については確立されていません。

プレフェミンの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

プレフェミンに効果効能が似た薬

プレフェミンが気になる人向けのコラム

炭水化物「抜かない」ダイエットのすすめ

炭水化物「抜かない」
炭水化物を抜くというダイエット法があります。確かに炭水化物を抜くことで、摂取カロリーが抑えられ、血糖値の上昇が抑えられて、ダイエット効果が期待できます。

しかし、炭水化物は必須栄養素です。炭水化物をすべて抜き続... 続きを読む

PMS(月経前症候群)セルフケアをする前にチェック!【カウンセリングルームから】

月経前1週間前後に起こり、身体的・精神的・社会的症状が月経周期とともに繰り返されるのがPMS(月経前症候群)。特徴として、月経とともに症状が消失ないしかなり軽減するものですが、月経が来てもあまり症状が変化しない、あまり軽減されない場合は... 続きを読む

梅雨時に多いPMS(月経前症候群)と頭痛の対処法【カウンセリングルームから】

ジメジメとした日が続く梅雨時は、なんとなくダルい、頭が痛いと感じる女性が増えます。それは気候の変化だけによるものではなく、PMS(月経前症候群)の影響もあるかもしれません。 そこで、今回の「カウンセリングルームから」では、梅雨時期や天... 続きを読む

気分をリフレッシュしながら散歩ダイエット

散歩
日ごろ私たちはなかなか自分の足を使って歩く機会がありません。車や電車、それ以外にもさまざまな交通機関を利用して移動をしています。摂取しているカロリーの割には消費しているカロリーが少なく、その分が体重増加として現れてきます。そうした... 続きを読む

女性の体の悩みには東洋医学がいい? 漢方や鍼灸で体質改善

女性の体は、ストレスや加齢、季節の変化などにより、ホルモンバランスが崩れやすく、とてもデリケート。だから冷え症、月経不順、月経痛のほか、自律神経の乱れからくる頭痛や肌あれ、動悸(どうき)、イライラ、不眠など、さまざまな症状に悩まされること... 続きを読む