ヘアニングの効能・用量・副作用など

ヘアニングの特徴

気になる抜け毛や異常なフケ・カユミは頭皮組織や毛根部の機能低下によって起こることが多く,ほうっておくと症状がすすみますので頭皮に早めの手当てをすることが大切です。
ヘアニングは,抜け毛を防ぎ,薄毛・フケ・カユミに効果のある発毛促進・育毛医薬品です。髪と頭皮をすこやかに保ち,発毛・育毛を促します。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 毛髪用薬(発毛,養毛,ふけ,かゆみ止め用薬等)
形状 液剤 
製造会社 ホーユー
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 NFカロヤンアポジカΣ   NFカロヤンガッシュ   カロヤン プログレ D   カロヤン21   カロヤンS  



ヘアニングの効能・効果

発毛促進,養毛育毛,脱毛の予防,円形脱毛症,粃糠性脱毛症,薄毛,ふけ,かゆみ,病後・産後の脱毛

ヘアニングの用法・用量

次の量を頭皮・頭髪にふりかけ,マッサージしてください。
[1回量:1日の使用回数]
適量(2〜3mLが適当です。):2〜3回
(用法関連注意)
1.用法及び用量を厳守してください。
2.目に入らないように注意してください。
万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には眼科医の診療を受けてください。
3.小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
4.本剤は頭髪用にのみ使用し,内服しないでください。
5.1回量は必ずしも大量に使用する必要はありません。
適量を毎日使用しつづけることが大切です。
6.シャンプー・ブラッシング・マッサージ等で頭皮を傷つけないように注意してください。
7.洗髪後の使用は効果的ですが,湯上がり直後は発汗しやすいので,ほてりをさましてからつけてください。
8.アルコール等にとけるおそれのあるもの(メガネわく,化学繊維等)にはつかないようにしてください。
9.整髪料及びヘアスプレーは,本剤を使用した後に使用してください。ヘアカラー後に使用する場合は,色移りすることがありますのでご注意ください。

ヘアニングの成分・分量

100mL中
カルプロニウム塩化物 1g
ヒノキチオール 0.05g
パンテノール 1g
サリチル酸 0.2g
l-メントール 0.3g
ピリドキシン塩酸塩 0.05g
トコフェロール酢酸エステル 0.05g
ジフェンヒドラミン塩酸塩 0.1g
(添加物)
エタノール,プロピレングリコール,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,L-酒石酸ナトリウム,香料

ヘアニングの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります)
次の部位には使用しないでください。
傷口,湿疹等のある頭皮。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)本人がアレルギー体質の方。
(2)薬や化粧品などによりアレルギー症状を起こしたことがある方。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止して水又はぬるま湯で洗い流し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
頭皮:発疹・発赤,かゆみ,はれ
その他:全身性の発汗,それに伴う寒気,ふるえ,吐き気
3.使用後,次の症状の持続又は増強がみられた場合は,使用を中止して水又はぬるま湯で洗い流し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
頭皮:刺激痛,局所発汗,熱感

ヘアニングの保管上の注意

1.直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
2.小児の手の届かない所に保管してください。
3.他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わります。)
4.火気に近づけないでください。
5.使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。
6.キャップは回してあけてください。