メルコンSPの効能・用量・副作用など

メルコンSPの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 カプセル剤
製造販売会社 内外薬品
医薬品区分 指定医薬部外品
リスク区分 なし

メルコンSPの特徴

コンドロイチン硫酸エステルナトリウムを配合しているメルコンSPは健康な生活をおくる為に必要な栄養素である天然型ビタミンE,ビタミンB1,B2,B6,B12を配合したカプセルです。
体が疲れている時などは,健康に大切な栄養素が不足しやすくなります。
そんな時にメルコンSPを服用することで,これらの栄養素を補給

メルコンSPの効能効果

滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給

メルコンSPの用法用量

次の1回量を1日3回朝昼晩服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):2カプセル:3回
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
※用法・用量を守ってください。(他のビタミン等を含有する製品を同時に使用する場合には過剰摂取等に注意してください。)

メルコンSPの成分分量

6カプセル中
ベンフォチアミン 34.5mg
リボフラビン酪酸エステル 12mg
ピリドキシン塩酸塩 10mg
酢酸d-α-トコフェロール 100mg
シアノコバラミン 60μg
パントテン酸カルシウム 30mg
アスパラギン酸カリウム・マグネシウム等量混合物 200mg
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 900mg
(添加物)
塩酸グルコサミン,ゼラチン,タルク,D-マンニトール,バレイショデンプン,ステアリン酸カルシウム,乳酸カルシウム,ラウリル硫酸ナトリウム,その他4成分

メルコンSPの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください
医師の治療を受けている人
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この説明文書をもって医師又は薬剤師に相談してください
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:胃部不快感,悪心・嘔吐
(2)しばらく服用しても症状がよくならない場合
3.生理が予定より早くきたり,経血量がやや多くなったりすることがあります。出血が長く続く場合は,医師又は薬剤師に相談してください
4.次の症状があらわれることがあるので,このような症状の継続又は増強がみられた場合には,服用を中止し,医師又は薬剤師に相談してください
下痢

メルコンSPの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)本品は吸湿性が高いので,ビンのフタのしめ方が不十分な場合,湿気等の影響で成分が変質することがありますので,服用のつどフタをよくしめてください。
(5)開栓後は,品質保持の点から,6ヵ月以内にご使用ください。
(6)使用期限がすぎた製品は服用しないでください。

メルコンSPが気になる人向けのコラム

すい臓のはたらきとは? すい臓が分泌するホルモンの役割について

すい臓は一般にあまりなじみのない臓器の1つです。おなかの中のどのあたりにあるか、正確にいえる人は少ないのではないでしょうか。位置はみぞおちとへその間くらいの高さのところですが、体の前正面から見ると胃の裏側になり、一部は大腸からも隠れてむし... 続きを読む

ファイトケミカルス

ファイトケミカルスの「ファイト(phyto)」はギリシャ語で植物、「ケミカルス(chemicals)」は英語で化学成分という意味。つまりファイトケミカルスとは、植物が作り出す天然の化学成分のこと。... 続きを読む

カロリーコントロール

カロリーを気にして、朝食を摂らなかったり、炭水化物を抜くなどしていませんか?
最近では、孤食や、コンビニ食が増えたことなどにより、食生活が乱れ、男性や子供にも肥満の人が増えているんです。
そこで今、注目されているのが、“カロリーコントロ... 続きを読む

発達障害の“二次障害”とは? 周囲の理解不足からなる障害の予防法

二次障害とは、周囲に理解されないために不適切な対応が積み重なることにより、さらに別の障害が起きてしまうもの。二次障害が起こると、発達障害の療育も、より難しいものになっていきます。どんな障害が起こるのか、その予防法をまとめました。 自分に... 続きを読む

栄養豊富な発芽野菜でダイエット!流行のスプラウトの種類や効果

発芽玄米に、かいわれ、豆苗。日本でもおなじみの食材ですが、ロサンゼルスでは、さらに進化した“新芽系食材”が登場しています! 発芽して栄養価がアップした状態の新芽系食材は、少量でたくさんの栄養が取れ、ダイエットの強い味方。日本でもテレビ... 続きを読む