ティファS錠の効能・用量・副作用など

ティファS錠の基本情報

ティファS錠

ティファS錠

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 瀉下薬(下剤)
形状 錠剤
製造販売会社 協和薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ティファS錠の特徴

酸化マグネシウムが腸に水分を集め,便を柔らかくすることにより,腸の動きを促進させ,自然な排便を促します。
肌トラブルを改善する効果のあるヨクイニンを配合し,便秘による肌あれや吹出物を解消します。

ティファS錠の効能効果

便秘。便秘に伴う次の症状の緩和:頭重,のぼせ,肌あれ,吹出物,食欲不振,腹部膨満,腸内異常発酵,痔

ティファS錠の用法用量

次の1回量を1日1回就寝前にコップ1杯の水で服用して下さい。
ただし,初回は最小量を用い,便通の具合や状態をみながら少しずつ増量又は減量して下さい。
成人(15歳以上)…1回3?6錠
11歳以上15歳未満…1回2?4錠
7歳以上11歳未満…1回2?3錠
5歳以上7歳未満…1回1?2錠
5歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守して下さい。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。

ティファS錠の成分分量

6錠中
酸化マグネシウム 2000mg
ヨクイニンエキス 310mg (よく苡仁4030mg)
(添加物)
セルロース,クロスカルメロースナトリウム(クロスCMC-Na),エリスリトール,アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物),l-メントール,ステアリン酸カルシウム

ティファS錠の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないで下さい
他の瀉下薬(下剤)
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)次の症状のある人。
はげしい腹痛,吐き気・嘔吐
(4)次の診断を受けた人。
腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
[関係部位:症状]
消化器:はげしい腹痛,吐き気・嘔吐
精神神経系:強い眠気,意識がうすれる
循環器:立ちくらみ,脈が遅くなる
呼吸器:息苦しい
その他:筋力の低下,口のかわき
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
下痢
4.1週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい

ティファS錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)容器の中の詰め物は錠剤の破損防止の為です。服用時に捨てて下さい。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないで下さい。

ティファS錠が気になる人向けのコラム

乳酸菌

ヨーグルトやチーズに含まれる乳酸菌。腸の環境を整える菌として知られていますが、最近ではほかにもたくさんの効果が あることがわかってきました。 花粉症などのアレルギーを改善するのです。
そもそも、乳酸菌とはどんなものでしょうか。 「... 続きを読む

過活動膀胱(OAB)の診断法-まずは7つのセルフチェックから

2002年国際禁制学会(ICS)により、新たな疾患として認められた過活動膀胱(OAB)。その症状は、急に強い尿意が起こり、もれそうな感じになる「尿意切迫感」を中心として、トイレが近くなる「頻尿」や、我慢できずにもらしてしまう「尿失禁」など... 続きを読む

腸内の招かざる客?!太る原因は「デブ菌」だった! 撃退法はある?

最近、テレビ番組でも特集されるなど、一躍注目を浴びている「デブ菌」を知っていますか?なんともストレートなネーミングですが、腸内で消化されたものを排出せず体内に溜め込む菌のことをいうそうです。「食べる量は人並みなのに太ってしまう…」、「運... 続きを読む

肩こりを解消するダイナミック・ストレッチング-座ってできる簡単体操

ストッレチングとは、筋肉や腱、関節などを引き伸ばすこと。スポーツなどで行うウォームアップ(準備運動)やクールダウン(整理運動)はもちろん、仕事や家事、勉強の合間にも、疲れを感じたときに伸ばす癖をつけると、疲労回復に大きな効果があります。 ... 続きを読む

腸内環境改善で10kg減 ダイエットしても痩せないのは「デブ菌」が原因だった

私達の腸内には気が遠くなるほどの細菌が住んでいます。その数、なんと、約1000兆個近く!
そして、そのなかには、肥満と強く関係する菌(通称:デブ菌)が存在するらしいのです。 「運動してもなかなか痩せない、少し食べただけなのに太る…、と... 続きを読む