リドベートQ液の効能・用量・副作用など

リドベートQ液の基本情報

リドベートQ液

リドベートQ液

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 液剤
製造販売会社 協和薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

リドベートQ液の特徴

主成分のプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルは,アンテドラッグといわれる種類のステロイド剤です。アンテドラッグとは,皮膚表面の患部で効果を発揮し,体内に吸収されると低活性となる薬剤のことです。湿疹,じんましん等の炎症をしずめるプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル,グリチルリチン酸二カリウムに,かゆみを抑えるジフェンヒドラミン塩酸塩,クロタミトン,リドカインを配合しています。パンテノールは肌の修復を促進させます。イソプロピルメチルフェノールは,殺菌効果があります。l-メントール,dl-カンフルは,清涼感を与えかゆみを抑えます。本剤は,アルコール類を基剤とする透明の液体で,患部に軽く塗布するだけで爽快感を与え,皮膚へのなじみもよく,速やかに乾燥し,ベトつかず衣類をよごしません。

リドベートQ液の効能効果

虫さされ,かゆみ,湿疹,皮膚炎,かぶれ,じんましん,あせも

リドベートQ液の用法用量

1日数回,適量を患部に塗布して下さい。
(用法関連注意)
(1)キャップをとりはずし,スポンジ部分を肌に1?2回軽く押し当てて,スポンジに薬液をしみ込ませてから使用して下さい。
(2)定められた用法・用量を守って下さい。
(3)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させて下さい。
(4)目に入らないよう注意して下さい。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗って下さい。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けて下さい。
(5)外用にのみ使用して下さい。

リドベートQ液の成分分量

100mL中
プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル 0.15g
ジフェンヒドラミン塩酸塩 2g
グリチルリチン酸二カリウム 0.3g
クロタミトン 5g
リドカイン 2g
パンテノール 1g
イソプロピルメチルフェノール 0.1g
l-メントール 3.5g
dl-カンフル 1g
(添加物)
ジブチルヒドロキシトルエン(BHT),1,3-ブチレングリコール,エタノール,クエン酸水和物,クエン酸ナトリウム水和物

リドベートQ液の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の部位には使用しないで下さい
(1)水痘(水ぼうそう),みずむし・たむし等又は化膿している患部。
(2)創傷面,目の周囲,粘膜等。
2.顔面には,広範囲に使用しないで下さい
3.長期連用しないで下さい
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)患部が広範囲の人。
(5)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ,かぶれ,乾燥感,刺激感,熱感,ヒリヒリ感
皮膚(患部):みずむし・たむし等の白癬,にきび,化膿症状,持続的な刺激感
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい

リドベートQ液の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい(誤用の原因になったり,品質が変わることがあります。)。
(4)火気に近づけないで下さい。また,使用後は火中に投じないで下さい。
(5)揮発性がありますので,使用後はキャップをしっかり締めて下さい。
(6)本剤のついた手で,目や粘膜に触れないで下さい。
(7)メガネ,時計,アクセサリー等の金属類,化繊の衣類,プラスチック類,皮革製品,床や家具等の塗装面などに付着すると変質又は変色する場合がありますので,付着しないように注意して下さい。
(8)使用期限を過ぎた製品は使用しないで下さい。また,開封後は使用期限内であっても,なるべく速やかに使用して下さい。

リドベートQ液が気になる人向けのコラム

ココアダイエットで便秘を解消!

ココア
ダイエットというと、極端な食事制限や絶食をしたり、きつい運動を無理に行って痩せようとする人が時折見受けられます。

しかしこれらの極端な食事制限やきつい運動を行うダイエットは身体に多大な負担を与えるばかりではなく、胃腸の調子... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

あせも予防に大切なポイントとは

あせもができるメカニズム

大量発汗時に汗の管である汗管が閉塞し、汗が皮膚の外に出ずに汗管外(皮膚内)に漏出して発症する。浅いところでの閉塞は、水疱が主にでき水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)という。痒みはない。一方、深いところでの... 続きを読む

すい臓のはたらきとは? すい臓が分泌するホルモンの役割について

すい臓は一般にあまりなじみのない臓器の1つです。おなかの中のどのあたりにあるか、正確にいえる人は少ないのではないでしょうか。位置はみぞおちとへその間くらいの高さのところですが、体の前正面から見ると胃の裏側になり、一部は大腸からも隠れてむし... 続きを読む

ラブレ菌

ラブレ菌とは、植物性乳酸菌の一種。お馴染みの乳酸菌にも、植物性と動物性があるのです。「前者は野菜や穀物を発酵させ味噌や漬物を作る乳酸菌で、後者は乳など動物性素材を発酵させヨーグルトやチーズを作る乳酸菌です。
ラブレ菌は十数年前に、京都... 続きを読む