イヅミ糖衣正露丸の効能・用量・副作用など

イヅミ糖衣正露丸の特徴

下痢を起こす原因は,一般的に食べすぎ,消化の悪い食物や脂肪分の摂り過ぎ,アレルギー性食品(卵・牛乳など)による消化不良,細菌性の食中毒,寝冷えなどによる急性の下痢と,胃腸の働きが不十分なことによる慢性の下痢が考えられます。
胃腸の働きが弱ると腹痛や下痢を起こし易くなり,栄養が十分に吸収されず,体調がくずれがちになります。
「イヅミ糖衣正露丸」は,日頃から起こりがちな食べすぎや消化不良などによる下痢,食あたりなどに効果を発揮する家庭常備薬であります。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 止瀉薬
形状 錠剤 
製造会社 和泉薬品工業
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 「赤玉」胃腸丸   アイゲン   アクロミンカプセルA   イストサン下痢止めLP   イストロン 下痢止め  



イヅミ糖衣正露丸の効能・効果

下痢,消化不良による下痢,食あたり,はき下し,水あたり,くだり腹,軟便

イヅミ糖衣正露丸の用法・用量

次の量を1日3回食後,湯又は水にて服用する。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):3粒:3回
8歳以上15歳未満:2粒:3回
5歳以上8歳未満:1粒:3回
5歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法及び用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。

イヅミ糖衣正露丸の成分・分量

9丸中
木クレオソート 300mg
オウバク末 100mg
カンゾウ末 150mg
チンピ末 300mg
(添加物)
炭酸水素ナトリウム,小麦粉,β-シクロデキストリン,寒梅粉,炭酸カルシウム,タルク,酸化チタン,アラビアゴム末,白糖,メチルセルロース,カルナウバロウ,サラシミツロウ

イヅミ糖衣正露丸の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故がおこりやすくなる)
1.5歳未満の乳幼児には服用させないで下さい。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)発熱を伴う下痢のある人,血便のある人又は粘液便の続く人。
(3)高齢者。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
消化器:食欲不振,胃部不快感
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
便秘,下痢
4.5〜6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

イヅミ糖衣正露丸の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)本剤は,白色の糖衣を施した丸剤でありますが,まれにツヤがなくなったり,変色する事がありますが,服用にはなんら問題はありません。
(5)ビンの中のつめ物は,輸送中に丸剤が破損するのを防ぐためのものです。開封後は不要となりますので,取り除いて下さい。
(6)使用期限をすぎたものは服用しないこと。