メンソレータムヒビプロαの効能・用量・副作用など

メンソレータムヒビプロαの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 しもやけ・あかぎれ用薬
形状 塗布剤
製造販売会社 ロート製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

メンソレータムヒビプロαの特徴

水仕事などで手を酷使するあなたに
家事や水仕事などによるつらいひび・あかぎれ症状。でも,家事や水仕事は休めない…。そんなあなたの手を考えて生まれたのがヒビプロαです。
ヒビプロαは,落ちにくく,カバー力の高い処方設計で有効成分を患部にとどめ,つらいひび・あかぎれの症状を効果的に改善していく治療薬です。
■〈密封カバー力〉+〈6つの有効成分〉で効く
ワセリンベースの軟膏製剤がまるで患部を密封するかのように覆い,6つの有効成分をとどめて,つらいひび・あかぎれを修復していきます。
新陳代謝を促進し荒れた皮ふをなめらかにする:ビタミンA油
血行促進し,ひびの修復を促す:ビタミンE誘導体
皮ふ修復成分:アラントイン
炎症を鎮める:グリチルレチン酸
殺菌作用:イソプロピルメチルフェノール
かゆみを抑える:ジフェンヒドラミン

メンソレータムヒビプロαの効能効果

ひび,あかぎれ,指先・手のひらのあれ,しもやけ,ひじ・ひざ・かかとのあれ

メンソレータムヒビプロαの用法用量

1日数回,適量を患部に塗布してください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させること。
(2)目に入らないように注意すること。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗うこと。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けること。
(3)外用にのみ使用すること。

メンソレータムヒビプロαの成分分量

100g中
ビタミンA油 0.5g (ビタミンA 500000国際単位)
トコフェロール酢酸エステル 2g
アラントイン 0.2g
グリチルレチン酸 0.3g
イソプロピルメチルフェノール 0.1g
ジフェンヒドラミン 0.5g
(添加物)
ワセリン,流動パラフィン,サラシミツロウ,パルミチン酸イソプロピル,パラフィン,ポリエチレン,マイクロクリスタリンワックス,パルミチン酸デキストリン,パラベン,ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)

メンソレータムヒビプロαの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(2)湿潤やただれのひどい人
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
[関係部位:症状]
皮フ:発疹・発赤,かゆみ,はれ

メンソレータムヒビプロαの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)本剤のついた手で,目や粘膜に触れないこと。
(4)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる)
(5)使用期限(外箱に記載)を過ぎた製品は使用しないこと。なお,使用期限内であっても,一度開封した後はなるべく早く使用すること。
■ヒビプロαはカバー力の高さにこだわっているためハードタイプの軟膏製剤になっています。冬期など気温が低い時に製剤が硬くなって出しにくい時は,手で温めてからご使用ください。

メンソレータムヒビプロαが気になる人向けのコラム

いつでもどこでも指先運動ダイエット

指先運動
手持無沙汰な通勤途中の電車の中や、誰かを待っている間など、ちょっとした時間にダイエットをすることが出来れば、無駄な時間の有効活用になりますよね。
指先運動ダイエットは、いつでもどこでも、空いた時間に出来るダイエット方法です。... 続きを読む

意外に疲れがたまってる、腕や手釘のリフレッシュ方法とは

パソコン作業や家事などで連続して手を使う作業が続くと、肩こり・首こりだけでなく、腕から指先まで重だるく感じられることがあるでしょう。これは、長い時間手を酷使することで首・肩から腕、手にかけての筋肉が疲れ、血液循環が悪くなったために起こって... 続きを読む

仕事の合間にできるリラックス体操-手首と眼の力を抜くゆるゆる体操

ゆるゆると全身をゆるめる「ゆる」体操は、簡単な動作でからだの緊張を取り除き、脳を活性化させる体操法です。
今回は、肩こり、頭痛、疲れ目に有効な体操を紹介します。気軽にできる体操なので、仕事の合間に行って、疲れを蓄積させないようにしまし... 続きを読む

ひざ上の肉のたるみは筋膜の癒着のせい? 簡単ストレッチで解消

ひざ上の肉をとるためには太ももの筋膜に注目することがポイント。 ひざ上がたるむのは太ももの筋肉が正しく使えていないから。まずは太ももの筋膜の癒着を解消することが大切です。 ひざ上のたるみは、太ももが正しく使えていない結果 私たちの身... 続きを読む

緊張してなくても手のひらに汗、、、それってもしかして病気かも?

夏は汗をかきやすい季節。外出にはハンカチが手放せなくなりますね。汗には、体内の熱を放出して、体温を一定に保ってくれる働きがあります。
ところが、通常では発汗しないとされている状態で、大量に汗をかいてしまう病気があり、多汗症と呼ばれています... 続きを読む