スイマグ・エースの効能・用量・副作用など

スイマグ・エースの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 瀉下薬(下剤)!制酸薬
形状 液剤
製造販売会社 三保製薬研究所
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

スイマグ・エースの特徴

●スイマグ・エースは胃酸を抑え,便通を良くする薬です。
●水と分離していますので,よく振り混ぜてからお使い下さい。

スイマグ・エースの効能効果

瀉下:便秘・便秘に伴う次の症状の緩和:頭重,のぼせ,肌あれ,吹出物,食欲不振(食欲減退),腹部膨満,腸内異常醗酵,痔。
制酸:胃酸過多,胸やけ,胃部不快感,胃部膨満感,もたれ(胃もたれ),胃重,胸つかえ,げっぷ(おくび),吐き気(むかつき,胃のむかつき,二日酔・悪酔のむかつき,嘔気,悪心),嘔吐,飲み過ぎ(過飲),胃痛

スイマグ・エースの用法用量

<瀉下薬(下剤)として>
1日1回就寝前(又は空腹時)に服用して下さい。但し,初回は最小量を用い便通の具合や状態をみながら少しずつ増量又は減量して下さい。
15歳以上:1回 12?21mL
11歳以上15歳未満:1回 8?14mL
7歳以上11歳未満:1回 6?10.5mL
3歳以上7歳未満:1回 4?7mL
3歳未満:服用しないこと
<制酸薬として>
1日3回食前又は食間(食後2?3時間)に服用して下さい。
15歳以上:1回 4mL
11歳以上15歳未満:1回 2.5mL
8歳以上11歳未満:1回 2mL
3歳以上8歳未満:1回 1mL
1歳以上3歳未満:1回 0.5mL
1歳未満:服用しないこと
適当に水で薄めて服用しますと飲み易く,又有効です。計量カップ(キャップに目盛がついています)1目盛が1mLです。
(用法関連注意)
●定められた用法用量を厳守すること。
●小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。

スイマグ・エースの成分分量

21mL中
水酸化マグネシウム 2.1g
(添加物)
なし

スイマグ・エースの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり副作用が起こりやすくなる)
1.本剤を服用している間は,他の下剤を服用しないこと
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
●医師の治療を受けている人
●妊婦又は妊娠していると思われる人
●激しい腹痛,はきけ・嘔吐の症状のある人
●腎臓病の診断を受けた人
2.服用後,激しい腹痛,はきけ・嘔吐の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
3.服用後,下痢の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
4.2週間位(下剤として用いる場合には1週間位)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

スイマグ・エースの保管上の注意

●冬期凍らないよう保管すること(凍ると変質します)
●使用後はキャップをきれいに洗いしっかり栓をすること
●直射日光を避け,湿気の少ない涼しい所に保管すること
●小児の手の届かない所に保管すること
●他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)

スイマグ・エースが気になる人向けのコラム

辛い胸やけやげっぷ【逆流性食道炎】の対策

脂っこい食べ物を控える

胃酸の過剰な分泌はげっぷを起こしやすくし、げっぷが出るときは下部食道括約筋が緩みますから胃液などが逆流しやすくなるのです。
胃液が逆流して胸焼けを起こす胃食道逆流症


肥満の解消、油ものやチョコレー... 続きを読む

下痢や便秘をくり返す過敏性腸症候群-原因はストレス、対策法は?

通勤途中で急な便意をもよおし、途中下車してトイレに駆け込む。外出先で腹痛に見舞われ、下痢をした。病院で検査を受けて腸に異常は見つからなかったものの、また起こるかもしれないと不安に駆られる――。
こんな症状をくり返すのが、「過敏性腸症候群... 続きを読む

便秘がちな女性は痔になりやすい? 予防と治療に一番良いこと

痔(じ)は「お尻のかぜ」と言われるくらい誰でも普通にかかる病気。日本人の3人に1人が「痔主」と言われています。痔の最大の原因といえば便秘ですが、女性には便秘の人が多いため、たくさんの女性が痔に悩んでいます。しかし場所が場所だけに、「もしか... 続きを読む

仕事の合間にできるリラックス体操-胸と腰の疲れに効くゆるゆる体操

前回に引き続き、「ゆる体操」によるリラックスの方法を紹介します。今回は、「胸フワ背フワ体操」と、「下腹フワ腰フワ体操」を紹介します。
うっとうしい梅雨時は、気持ちが滅入りがちですね。このような状態のとき、私たちの呼吸はいつもより浅くな... 続きを読む

腸内環境がからだの健康のを左右する-善玉菌を増やす方法とは

人の腸の中には、いわゆる善玉菌や悪玉菌など1000種類以上の細菌がすんでいて、それぞれの菌が自分の仲間を増やそうと勢力争いをしています。
ビフィズス菌、乳酸菌などの善玉菌は、腸内を酸性にして悪玉菌や病原菌の活動を抑え、腸内の腐敗を防ぐこ... 続きを読む