駆風解毒湯Aエキス細粒「分包」三和生薬の効能・用量・副作用など

駆風解毒湯Aエキス細粒「分包」三和生薬の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 駆風解毒散(湯)
形状 散剤
製造販売会社 三和生薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

駆風解毒湯Aエキス細粒「分包」三和生薬の特徴

駆風解毒湯Aエキス細粒「分包」三和生薬は,漢方処方「駆風解毒湯」の水製エキスを服用しやすい細粒の分包にしたものです。

駆風解毒湯Aエキス細粒「分包」三和生薬の効能効果

体力に関わらず使用でき,のどがはれて痛むものの次の諸症:扁桃炎,扁桃周囲炎

駆風解毒湯Aエキス細粒「分包」三和生薬の用法用量

次の1回量を1日3回食前又は食間に水又は白湯にて,うがいしながら少しずつゆっくり服用する。
[年令:1回量]
大人(15才以上):1包
7才?14才:2/3包
4才?6才:1/2包
2才?3才:1/3包
2才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)本剤は熱ければ冷ましてうがいしながら少しずつゆっくり飲むこと。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。

駆風解毒湯Aエキス細粒「分包」三和生薬の成分分量

3包(7.5g)中
駆風解毒湯A水製エキス 5.2g (ボウフウ・ゴボウシ・キキョウ各3g,レンギョウ・セッコウ各5g,ケイガイ・キョウカツ・カンゾウ各1.5g)
(添加物)
乳糖,セルロース,部分アルファー化デンプン,ステアリン酸カルシウム,無水ケイ酸

駆風解毒湯Aエキス細粒「分包」三和生薬の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(5)高齢者。
(6)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(7)次の症状のある人。
むくみ
(8)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感
まれに下記の重篤な症状が起こることがある。
その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症,ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.5?6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

駆風解毒湯Aエキス細粒「分包」三和生薬の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

駆風解毒湯Aエキス細粒「分包」三和生薬に効果効能が似た薬

駆風解毒湯Aエキス細粒「分包」三和生薬が気になる人向けのコラム

冷え症・風邪を改善するツボマッサージ-イラストで解説付き

寒くて乾燥する冬は、冷え性の人にとってはつらい季節ですね。風邪やインフルエンザも流行してきています。今回は、冷え性と風邪に効くツボマッサージを紹介しましょう。
東洋医学では人間を一つの小宇宙として捉え、体の不調や病気を宇宙(環境・自然... 続きを読む

寒い夜におすすめのホットドリンク-就寝前に飲んでも大丈夫な飲み物

暖冬とはいっても、寒い日が続きますね。寒い夜を暖かく、ぐっすり眠るには、お風呂でゆっくり温まる、軽いストレッチなどで血行をよくして体のこりをほぐす、眠る前に寝室を十分に暖めておくなどの工夫が必要です。それでも、足先が冷たくて、体の芯が冷え... 続きを読む

流行の熟成肉ってどんな肉? 熟成と腐敗の違い|ニセ熟成肉に注意!

近頃、「熟成肉」を扱うレストランが増えています。すでに食べた人も、まだ食べたことはないけれど気になっている人も多いはず。そんな熟成肉について、探ってみました。 うまみが強く、やわらかい 熟成肉とは、長く寝かせた肉のこと。普通の肉より... 続きを読む

トコトリエノール

近年機能性が注目される成分で、ビタミンEの一種です。ビタミンEには抗酸化作用がありますが、トコトリエノールも同じように、体の細胞が酸化するのを防ぐ役割があります。 「 実はビタミンEには、8種類あるんです。その半数が『トコトリエノール』で... 続きを読む

女性の体調不良には漢方がおすすめ-PMSに効く漢方とは

漢方は、6世紀頃、中国医学が日本に伝えられ、それが日本で独自に発達した、伝統医学です。
西洋医学では、臓器や組織の異常のある部分を見つけ、病名を決定し、治療を行います。ところが、漢方では、その人の体質や症状などから診断を下し、処方を決定... 続きを読む