イハダ ドライキュア乳液の効能・用量・副作用など

イハダ ドライキュア乳液の特徴

イハダ ドライキュア乳液

イハダ ドライキュア乳液

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 皮膚軟化薬(吸出しを含む)
形状 液剤 
製造会社 万協製薬
販売会社 資生堂薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 ウオノメバンA   新ナチュロール20%   ウレコート   ウレコートローション   ウレコート20α  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



イハダ ドライキュア乳液の効能・効果

かゆみを伴う乾燥性皮膚(成人・老人の乾皮症,小児の乾燥性皮膚)

イハダ ドライキュア乳液の用法・用量

1日1〜数回,適量を患部に塗布してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を守ってください。
(2)目に入らないようにご注意ください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(3)外用にのみ使用してください。
(4)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。

イハダ ドライキュア乳液の成分・分量

1g中
ヘパリン類似物質 3mg
ジフェンヒドラミン 10mg
アラントイン 2mg
トコフェロール酢酸エステル 5mg
(添加物)
セタノール,ステアリルアルコール,白色ワセリン,スクワラン,流動パラフィン,ミリスチン酸イソプロピル,ジメチルポリシロキサン,ポリソルベート60,自己乳化型モノステアリン酸グリセリン,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,グリセリン,プロピレングリコール,ヒドロキシエチルセルロース,クエン酸水和物,エデト酸ナトリウム水和物,パラベン

イハダ ドライキュア乳液の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の人は使用しないでください。
(1)出血性血液疾患(血友病,血小板減少症,紫斑病など)の人
(2)わずかな出血でも重大な結果をきたすことが予想される人(血液凝固抑制作用を有し出血を助長するおそれがあります)
(3)アトピー性皮膚炎の人(軽い症状であっても医師の下で適切な治療を受ける必要があります)
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)湿潤やただれのひどい人
(4)医師からアトピー性皮膚炎と診断されたことのある人
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ
3.5〜6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

イハダ ドライキュア乳液の保管上の注意

(1)本剤のついた手で,目など粘膜に触れないでください。
(2)高温をさけ,直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(3)小児の手の届かない所に保管してください。
(4)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わります。)。
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。なお,使用期限内であっても,開封後は品質保持の点からなるべく早くご使用ください。