ポビクールのどスプレーの効能・用量・副作用など

ポビクールのどスプレーの特徴

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 口腔咽喉薬(せき,たんを標榜しないトローチ剤を含む)
形状 噴霧剤・噴射式エアゾール 
製造会社 昭和製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 0.2%ピオクタニン水溶液「ホンゾウ」   AZのどスプレータイヨー   AZプラスCPCのどスプレー   DHC トローチ   DHC のどスプレー  



ポビクールのどスプレーの効能・効果

のどの炎症によるのどのあれ・のどの痛み・のどのはれ・のどの不快感・声がれ

ポビクールのどスプレーの用法・用量

1日数回適量をのどの粘膜面に噴射塗布してください。
(用法関連注意)
(1)ノズルをのどの患部に向けて,「アー」と声を出しながら2~3回直射してください。(息を吸いながら使用すると,液が気管支や肺に入るおそれがあります。)
(2)本剤はのどの患部への直接噴射のみに使用し,キズややけどへの使用や内服はしないでください。
(3)目に入らないように注意してください。(噴射に際しては,軽く目を閉じてください。)万一目に入った場合には,すぐ水又はぬるま湯で洗い,ただちに眼科医の診療を受けてください。
(4)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(5)用法・用量を厳守してください。

ポビクールのどスプレーの成分・分量

1mL中
ポビドンヨード 4.5mg
(添加物)
ヨウ化カリウム,l-メントール,エタノール,プロピレングリコール,濃グリセリン,香料

ポビクールのどスプレーの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は使用しないでください
本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.長期連用しないでください
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(2)授乳中の人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)次の症状のある人。口内のひどいただれ
(5)次の診断を受けた人。甲状腺機能障害
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この製品を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
口:あれ,しみる,灼熱感,刺激感
消化器:吐き気
その他:不快感
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):使用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる。
3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この製品を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

ポビクールのどスプレーの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因となったり品質が変わります。)
(4)衣服等に付着したときは,すぐに水で洗い流してください。
(5)火気に近づけないでください。
(6)冬季(低温時)には,液の粘度が高くなり出にくいことがあります。そのときは手のひらなどで温めてから使用してください。
(7)容器または外箱に表示の使用期限が過ぎた製品は使用しないでください。