ベルメイトC錠の効能・用量・副作用など

ベルメイトC錠の基本情報

ベルメイトC錠

ベルメイトC錠

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミンC主薬製剤
形状 錠剤
製造販売会社 皇漢堂製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ベルメイトC錠の特徴

ビタミンC(アスコルビン酸)は,生理的に重要なビタミンの1つで新鮮な野菜,果物,緑茶などに多く含まれ,人の体内ではつくることができないため,医薬品やこれらの食品から摂取することが必要です。

ベルメイトC錠の効能効果

次の場合のビタミンCの補給:肉体疲労時,妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時,老年期。
次の諸症状※の緩和:しみ,そばかす,日焼け・かぶれによる色素沈着。
次の場合※の出血予防:歯ぐきからの出血,鼻出血

ベルメイトC錠の用法用量

次の1回量を食後に水またはお湯でかまずに服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1?3錠:2回
11歳以上15歳未満:1?2錠:2回
7歳以上11歳未満:1錠:2回
7歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ベルメイトC錠の成分分量

6錠中
ビタミンC 2000mg (アスコルビン酸1400mg,アスコルビン酸カルシウム726mg)
リボフラビン酪酸エステル 6mg
(添加物)
白糖,ヒドロキシプロピルセルロース,ポビドン,ステアリン酸カルシウム

ベルメイトC錠の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
消化器:吐き気・嘔吐
2.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続または増強が見られた場合には,服用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください。
下痢
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この添付文書を持って医師,歯科医師,薬剤師または登録販売者に相談してください。

ベルメイトC錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。なお,本剤は特に吸湿しやすい製剤ですから,服用のつどビンのフタをよくしめてください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)誤用をさけ,品質を保持するために他の容器に入れかえないでください。
(4)ビンの中の詰め物は,輸送中の錠剤の破損を防止するために入れてありますので,フタをあけた後はすててください。
(5)箱およびビンの「開封年月日」記入欄に,開封した日付を記入し,ビンをこの文書とともに箱に入れたまま保管してください。
(6)一度開封した後は,品質保持の点から6ヵ月以内に服用してください。
なお使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

ベルメイトC錠が気になる人向けのコラム

緑茶の6つの健康効果-茶葉から淹れたお茶の方が栄養分は豊富

古くは中国から伝わったものですが、食後の一服や「ホッ」と一息というとき、また気分をしゃんとさせたいときにも、緑茶は私たち日本人にとって欠かせない飲みものとなっています。
緑茶は、かつては薬として貴族たちの間で珍重されていました。ビタミン... 続きを読む

お肌の老化をすすめる活性酸素を減らす-抗酸化物質の上手なとり方

鏡に向かったとき、「あら、こんなところにシミが…」とか「いつの間にシワができちゃったのかしら?」とドキッとしたり、暗い気持ちになったりすることはありませんか?
仕事が忙しいとか睡眠不足が続いているというわけでもないのに、お肌にハリがなくな... 続きを読む

1日緑茶5杯、コーヒー4杯で長生き? カテキンとカフェインの健康効果

あなたは緑茶またはコーヒーを1日何杯くらい飲んでいるでしょうか?
日本人にとって、緑茶は昔からなじみの深い飲み物ですが、今ではコーヒーも欠かせない飲み物になっていますね。食後や仕事の合間に、あるいは一息入れたいとき、緑茶やコーヒーを飲むと... 続きを読む

「シミ・そばかす」はもう隠さなくて大丈夫! L-システインの効果とは?

最近、シミやそばかすが気になるという人に。美容ライターの間でも人気の高い、エスエス製薬の「ハイチオール」シリーズから、飲んで内側からシミ・そばかすを治療する医薬品「ハイチオールCホワイティア」が新発売になりました。 ハイチオールCホワイ... 続きを読む

1日に摂るべきは野菜350g-野菜不足を解消する上手な摂り方

「野菜不足」は、現代人の多くが気にしていることかもしれません。便秘や肌荒れなどの体調不良や生活習慣病を防いで健康を保つには、野菜に含まれるビタミンやミネラル、食物繊維などが必要不可欠です。でも、ふだんから朝食を抜いたり、昼食をカップめんで... 続きを読む