金羚感冒錠の効能・用量・副作用など

金羚感冒錠の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬製剤(他の薬効群に属さない製剤)
形状 錠剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

金羚感冒錠の特徴

かぜは,悪寒,発熱,頭痛や鼻,ノドなどに炎症を伴う疾患で,一般にかぜ症候群といわれます。漢方では寒けが強く,うすい鼻水や痰がタラタラと出て,節々が痛いときは「傷寒(しょうかん)」といい,熱っぽく(発熱),ノドが赤くはれて痛み,痰や鼻水が粘り口が渇くときは,「温病(うんびょう)」といいます。
金羚感冒錠は,温病の諸症状に用いられる代表的なお薬です。寒冷(冷え)より,熱が原因となるかぜですので,夏かぜの諸症状にもよく応用されています。

金羚感冒錠の効能効果

かぜによるのどの痛み・口(のど)の渇き・せき・頭痛

金羚感冒錠の用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):8錠:3回
15歳未満7歳以上:4錠:3回
7歳未満5歳以上:2錠:3回
5歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

金羚感冒錠の成分分量

24錠中
エキス散 5.92g (キンギンカ・レンギョウ各4.26g,カンゾウ・キキョウ・ハッカ各2.556g,ゴボウシ・タンズシ各2.136g,ケイガイ・タンチクヨウ各1.704g,レイヨウカク0.132g)
(添加物)
カルメロースカルシウム(CMC-Ca),含水二酸化ケイ素,クロスカルメロースナトリウム(クロスCMC-Na),軽質無水ケイ酸,ステアリン酸マグネシウム,アメ粉

金羚感冒錠の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
短期間の服用にとどめ,連用はしないでください
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸の弱い人。
(5)高齢者。
(6)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(7)次の症状のある人。
むくみ
(8)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気,食欲不振,胃部不快感
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.5?6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

金羚感冒錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)ぬれた手や湿気を帯びた手で取り扱わないでください。水分は錠剤の色や形が変わる原因になります。
(5)ビンのフタのしめ方が不十分な場合,湿気等の影響で錠剤の品質が変わることがありますので,服用のつどフタをよくしめてください。
(6)ビンの中の詰めものは,フタをあけた後はすててください。
(詰めものは,輸送中に錠剤が破損することを防ぐためのものですので,再使用されると異物の混入や湿気により品質が変わる原因になることがあります)
(7)使用期限を過ぎた商品は服用しないでください。
(8)箱とビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。

金羚感冒錠が気になる人向けのコラム

子どもと高齢者の脱水に気をつけて-水分の摂り方と脱水のサイン

今年は早くも5月のうちに熱中症発症のニュースが流れましたが、多くなるのはやはりこれから、猛暑が続く7月以降です。
熱中症の主な原因は、高温の環境で大量に発汗することによる脱水症です。暑いと汗をたくさんかきますが、それは汗が蒸発するとき... 続きを読む

ALA

美肌、メタボ、貧血、薄毛にがん治療…と幅広く高い効果で、いま注目の成分「ALA」。実は開発当初、金の約23倍、プラチナの約10倍もするとても高価な成分でした。そのALAが最近、20年の歳月をかけて大量生産に成功。これをきっかけに研究開発が... 続きを読む

ランニングの健康メリット-正しいフォームで楽しく走るコツ

ランニングブームもすっかり定着し、最近は街なかや公園でたくさんのランナーを見かけます。2007年に始まった東京マラソンをはじめ、全国各地の市民マラソン大会も盛況。自分も走ってみたい、レースに参加してみたいと思っている人も多いのではないでし... 続きを読む

その激しい頭痛、群発頭痛かも知れません

原因がはっきり分からない困った病気

原因はまだわかっていません。従来ヒスタミンとの関連が注目されましたが、最近は頭蓋内血管のセロトニンの受容体(厳密には5HT 1B1D受容体)に結合し、血管を収縮させる作用があるスマトリプタンの皮下... 続きを読む

今年こそマラソンを完走したい! 記録を伸ばす2つのエクササイズ

空前のマラソンブームといわれるなか、10月5日、「東京マラソン2008」の出場者の抽選が行われました。当選者3万3千人に対して、なんと15万人を超える申し込みがあり、当選倍率4.7倍という盛況ぶり。東京マラソンだけでなく、全国各地で市民マ... 続きを読む