ツムラ漢方内服液麻黄湯の効能・用量・副作用など

ツムラ漢方内服液麻黄湯の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 麻黄湯
形状 液剤
製造販売会社 新生薬品工業・奈
販売会社 ツムラ
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 麻黄湯   

ツムラ漢方内服液麻黄湯の効能効果

体力充実して,かぜのひきはじめで,寒気がして発熱,頭痛があり,せきが出て身体のふしぶしが痛く汗が出ていないものの次の諸症:感冒,鼻かぜ,気管支炎,鼻づまり

ツムラ漢方内服液麻黄湯の用法用量

次の量を,食前または食間によく振ってから服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1本:3回
15歳未満:服用しないでください
注)食間とは「食事と食事の間」のことで,たとえば朝食と昼食の間のことをさします。
食事中に服用するということではありません。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)本剤は,本質的に沈殿を含んでいますので,服用前によく振ってから服用してください。

ツムラ漢方内服液麻黄湯の成分分量

3本(90mL)中
麻黄湯エキス 81mL (マオウ・キョウニン各5g,ケイヒ4g,カンゾウ1.5g)
(添加物)
精製水,白糖,パラベン,香料(エタノール, グリセリン, プロピレングリコール, メントールを含む)

ツムラ漢方内服液麻黄湯の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないでください
体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
2.短期間の服用にとどめ,連用しないでください。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)胃腸の弱い人。
(4)発汗傾向の著しい人。
(5)高齢者。
(6)今までに薬により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(7)次の症状のある人。
むくみ,排尿困難
(8)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病,甲状腺機能障害
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この製品(箱)を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)服用後,次の症状があらわれた場合。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気,食欲不振,胃部不快感
その他:発汗過多,全身脱力感
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症、ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.1ヵ月位(感冒、鼻かぜに服用する場合はには5?6回)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この製品(箱)を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

ツムラ漢方内服液麻黄湯の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)誤用をさけ品質を保持するために他の容器に入れかえないでください。
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
(5)ビンをあけたら飲みきってください。
(6)ビンをあけたまま保存しないでください。

ツムラ漢方内服液麻黄湯に効果効能が似た薬

ツムラ漢方内服液麻黄湯が気になる人向けのコラム

風邪のひき始めの薬は効果なし? 薬剤師が教える薬を飲むことの危険性

薬を飲めば飲むほど
病気に弱い体になっていく? 「薬の目的は症状を一時的に抑えること。治すものではありません」と話すのは、薬剤師の宇多川久美子さん。ちょっと具合が悪いからと“カジュアルに飲んでいる”と、深刻な不調を引き起こすこともある... 続きを読む

脳と身体のつながりの不思議-右脳と左脳のはたらきの違い

左の大脳が損傷したら右の手足に麻痺が出るのはなぜ?
脳のはたらきにまつわる疑問について解説 脳と身体は「さかさま」につながっている? 人間の脳の機能は、ケガや脳卒中などによって脳の一部に障害を受けた患者さんの症状を細かく調べること... 続きを読む

肩こりの本当の原因は「こころ」にある? 緊張がコリを生む

今、少しの間だけ、自分の身体の状況に注意を払ってみてください。頭は痛くないですか?肩こりはありますか?腰痛はどうですか?これらの痛みは、最近気になり始めましたか、もしくは持病として付き合ってきたのでしょうか・・・「肩こりや腰痛はいつものこと... 続きを読む

寒い夜におすすめのホットドリンク-就寝前に飲んでも大丈夫な飲み物

暖冬とはいっても、寒い日が続きますね。寒い夜を暖かく、ぐっすり眠るには、お風呂でゆっくり温まる、軽いストレッチなどで血行をよくして体のこりをほぐす、眠る前に寝室を十分に暖めておくなどの工夫が必要です。それでも、足先が冷たくて、体の芯が冷え... 続きを読む

冬はストレッチが大事? 初めは3分からでOK 慣れたら1日10分で

お正月も過ぎ、ご馳走を食べる時期も過ぎてしまいました。外食も増えてしまう年末年始が過ぎ、飲みすぎや食べすぎが一段落した今、自分の身体に目を向けてみませんか。冬になると寒さのせいもあり、どうしても姿勢が前かがみになりがちですよね。起きている時... 続きを読む