キャッチコーンの効能・用量・副作用など

キャッチコーンの特徴

本品は薬膏と保護用(固定)絆創膏および保護用パッドが一体となっていますので,ただ貼るだけで簡単にお使いいただけます。
特長
ソフトな粘着パッド:外部からの刺激による痛みをやわらげます。
薬膏部分:体温により適度に薬膏が軟化し,常に患部に密着するため,サリチル酸の角質軟化作用を持続的に発揮します。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 皮膚軟化薬(吸出しを含む)
形状 貼付剤 
製造会社 共立薬品工業
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 DHC ウオノメパッチ   DHC かゆみを伴う乾燥性皮膚用クリーム   DHC かゆみを伴う乾燥性皮膚用乳状液   アスコートU   イハダ ドライキュア乳液  



キャッチコーンの効能・効果

魚の目,たこ,いぼ

キャッチコーンの用法・用量

中央の薬膏部を患部に貼付して移動しないように固定する。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させること。
(2)本剤の使用中及び使用後は,患部を消毒するなどして清潔に保ってください。
(3)薬膏部が患部の周りの皮ふにつかないよう注意して使用してください。

キャッチコーンの成分・分量

100g(0.06m2)中
Lサイズ サリチル酸 10g 薬面10mm
Mサイズ サリチル酸 10g 薬面7mm
(添加物)
乳酸,ポリオキシエチレンラノリン,ラノリン,サラシミツロウ

「キャッチコーン」を含むQ&A

もっと見る

キャッチコーンの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
守らないと現状の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります
1.次の部位には使用しないこと
(1)目の周囲,粘膜,やわらかい皮ふ面(首のまわりなど),顔面等。
(2)炎症または傷のある患部。
2.次の行為は絶対にしないこと
(1)口に入れないこと。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談すること
(1)乳幼児。
(2)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(3)薬によりアレルギーを起こしたことのある人。
(4)妊婦又は妊娠していると思われる婦人。
(5)糖尿病の治療を受けている人。
(6)角質以外のやわらかいいぼや扁平ないぼ。
2.次の場合は,直ちに使用を中止し,この添付文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
(1)本品の使用中又は使用後,次の症状があらわれた場合。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ

キャッチコーンの保管上の注意

1.小児の手の届かない所に保管してください。
2.直射日光の当たらない,涼しい所に保管してください。
3.他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になります)
4.本剤を貼付したまま入浴しないこと。(膏体が融けてなくなることがあります)
5.本剤を貼った部位を暖房器具などで温めないでください(膏体が融けることがあります)
6.はがす時は,皮ふを痛めないようゆっくりはがしてください。(皮膚刺激の原因になります)