フェイタスクリームの効能・用量・副作用など

フェイタスクリームの基本情報

フェイタスクリーム

フェイタスクリーム

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 東光薬品工業
販売会社 久光製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

フェイタスクリームの特徴

フェイタスクリームは,優れた抗炎症・鎮痛効果が認められている「フェルビナク」を主成分(3%配合)とした経皮鎮痛消炎剤です。
●「フェルビナク」は痛みに関係する物質(プロスタグランジン)の生成を抑え,肩・腰・関節・筋肉の痛みにすぐれた効き目をあらわします。
●l-メントール3.0%配合なので,さわやかな使用感です。
●弱酸性のなめらかなクリーム剤がサーッとよく伸び,むらなく適量を塗り広げる事ができます。
●臭いの気にならない微香性なので周囲の人に気を使わずに使用できます。

フェイタスクリームの効能効果

肩こりに伴う肩の痛み,腰痛,筋肉痛,打撲,捻挫,関節痛,腱鞘炎(手・手首・足首の痛みとはれ),肘の痛み(テニス肘など)

フェイタスクリームの用法用量

1日2?4回,適量を患部に塗擦してください。
(用法関連注意)
(1)15歳未満の小児に使用させないでください。
(2)定められた用法・用量を守ってください。
(3)目に入らないようご注意ください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には眼科医の診療を受けてください。
(4)外用のみに使用してください。
(5)薬剤塗擦後の患部をラップフィルム等の通気性の悪いもので覆わないでください。

フェイタスクリームの成分分量

100g中
フェルビナク 3g
l-メントール 3g
(添加物)
N-メチル-2-ピロリドン,ショ糖脂肪酸エステル,中鎖脂肪酸トリグリセリド,スクワラン,カルボキシビニルポリマー,パラベン,ジイソプロパノールアミン

フェイタスクリームの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
〔守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。〕
1.次の人は使用しないでください。
(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)ぜんそくを起こしたことがある人。
(3)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(4)15歳未満の小児。
2.次の部位には使用しないでください。
(1)目の周囲,粘膜等。
(2)湿疹,かぶれ,傷口。
(3)化膿している患部。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
関係部位:皮ふ
症状:発疹・発赤,はれ,かゆみ,ヒリヒリ感,かぶれ
3.1週間くらい使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

フェイタスクリームの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所にキャップをしっかり閉めて保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限を過ぎたものは使用しないでください。また,開封後は使用期限内であってもなるべく速やかに使用してください。

フェイタスクリームが気になる人向けのコラム

1日に飲んで良いアルコールの量-飲みすぎ・食べすぎを防ぐコツ

12月から1月にかけて、パーティーや忘年会、新年会など、お酒を飲む機会が続きます。飛ぶように出ていく財布の中身も気になりますが、飲みすぎによる二日酔い、肝臓へのダメージ、エネルギーのとりすぎによる太りすぎにも注意が必要です。
意外にこう... 続きを読む

関節リウマチの新しい治療とは-新薬の効果が精神的にも影響する?

私たちの体には、侵入してきた細菌やウイルスなどの外敵を攻撃する免疫のしくみが備わっています。関節リウマチはこの免疫システムの異常によって、外敵ではなく自分自身の細胞や組織を攻撃してしまう病気です。ターゲットは手の指をはじめとする全身の関節... 続きを読む

30代でもなる五十肩-2つのセルフチェックポイントと予防法

「ある日突然、肩が上がらなくなった」「肩の痛みで眠れない」「じっとしていても肩が痛む」といった症状が出たら、それは五十肩かもしれません。五十肩といっても実際は40代から50代にかけての発症が多く、最近では30代でもみられるなど若年化する傾... 続きを読む

子どもと高齢者の脱水に気をつけて-水分の摂り方と脱水のサイン

今年は早くも5月のうちに熱中症発症のニュースが流れましたが、多くなるのはやはりこれから、猛暑が続く7月以降です。
熱中症の主な原因は、高温の環境で大量に発汗することによる脱水症です。暑いと汗をたくさんかきますが、それは汗が蒸発するとき... 続きを読む

若い女性に増えてきた多発性硬化症とは-正しい診断と治療法

多発性硬化症(MS:Multiple
Sclerosis)という病気をご存じでしょうか。原因不明で、脳や脊髄の神経系が障害を受け、体のさまざまな部位に影響を及ぼし、しだいに症状が進行する慢性の病気です。
20歳から40歳ごろの若い世代... 続きを読む