爽AL目薬の効能・用量・副作用など

爽AL目薬の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 一般点眼薬
形状 液剤
製造販売会社 テイカ製薬
販売会社 第一三共ヘルスケア
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

爽AL目薬の特徴

花粉やハウスダスト(室内のほこり、ダニ等)によるアレルギー等で目のかゆみや結膜充血等の不快な症状を起こす人が増えています。
本剤には目のかゆみを緩和するクロルフェニラミンマレイン酸塩、結膜充血を取り除く塩酸テトラヒドロゾリン、炎症をしずめるアラントイン、グリチルリチン酸二カリウム、目に栄養を与え、働きを活発にするタウリンを配合しています。

爽AL目薬の効能効果

目のかゆみ、結膜充血、眼瞼炎(まぶたのただれ)、目の疲れ、眼病予防(水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど)、紫外線その他の光線による眼炎(雪目など)、ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感、目のかすみ(目やにの多いときなど)

爽AL目薬の用法用量

1回1?3滴、1日3?6回点眼してください。
(用法関連注意)
(1)過度に使用すると、異常なまぶしさを感じたり、かえって充血を招くことがあります。
(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させて下さい。
(3)容器の先をまぶた、まつ毛に触れさせないで下さい。また、混濁したものは使用しないで下さい。
(4)ソフトコンタクトレンズを装着したまま使用しないで下さい。
(5)点眼用にのみ使用して下さい。

爽AL目薬の成分分量

100mL中
クロルフェニラミンマレイン酸塩 30mg
塩酸テトラヒドロゾリン 20mg
アラントイン 100mg
グリチルリチン酸二カリウム 100mg
タウリン 500mg
(添加物)
クエン酸、ホウ酸、ホウ砂、等張化剤、エデト酸Na、l-メントール、dl-カンフル、ゲラニオール、ポリソルベート80、プロピレングリコール、濃ベンザルコニウム塩化物液50

爽AL目薬の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)次の症状のある人
はげしい目の痛み
(4)次の診断を受けた人
緑内障
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
目:充血、かゆみ、はれ
3.次の場合は使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)目のかすみが改善されない場合
(2)5?6日間使用しても症状がよくならない場合

爽AL目薬の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わります)
(4)他の人と共用しないで下さい。
(5)表示の使用期限を過ぎた製品は使用しないで下さい。また、使用期限内であっても、開封後は、速やかに使用して下さい。
(6)自動車の中や暖房器具の近く等、高温(40℃以上)の所に置かないで下さい。(容器が変形することがあります)

爽AL目薬が気になる人向けのコラム

ウルトラマラソン完走でわかった「走った翌日に疲れを残さない食べ物」

マラソン大会のシーズンたけなわ。エントリーした大会の出場を控えている人も多いのではないでしょうか。 秋風そよぐ中、全国各地で魅力的なコースを走るマラソンの楽しみは格別ですが、忘れてならないのがラン前後のケア。ぶっつけ本番の人はもちろん、... 続きを読む

目やまぶたの腫れ、ものもらいの対処方法

放置しがちな「ものもらい」の症状とは
たびたび、目がチカチカ痛くなったり、まぶたが重くなったりすることはありませんか?大抵の場合は、目の疲れや寝不足などのストレスが重なって症状が出るため、その日のうちか数日すれば自然に治っているというこ... 続きを読む

うつ病自己診断チェック表‐うつかもと不安を感じたらまずは症状を確認

仕事の過度なストレスでうつ病になったなど、最近よく耳にします。実際、患者数は2000年以降、急増。「私、うつ病かも?」と思ったら、早期に治療するためにも、まずセルフチェックで判断してみましょう。 気分の落ち込みが激しい状態が続く 近年... 続きを読む

ふとんのカビ・ダニ対策-掃除機を活用すれば花粉も除去できる

忙しい毎日を送っていると、ふとん干しなどの手入れが、つい後回しになってしまいがち。
でも、気をつけて!
日ごろ使用しているふとんには、室内を漂うほこりやカビの胞子、ダニ・ダニのフン、花粉などのハウスダストが付着しています。これらはアレル... 続きを読む

災害時への備えに必要なもの-帰宅困難や避難所生活への備えとは

昨年の3.11以降で人々を大きく驚かせたのは、東京大学地震研究所による首都直下型地震の警告ではないでしょうか。何しろ「4年以内にマグニチュード7クラスの発生確率が70%」というのですから……。
これがもし「4年後に」というのでしたら、... 続きを読む