去痰CB錠の効能・用量・副作用など

去痰CB錠の基本情報

去痰CB錠

去痰CB錠

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮咳去痰薬
形状 錠剤
製造販売会社 大昭製薬
販売会社 浅田飴
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

去痰CB錠の特徴

なかなか切れない粘稠な“たん”は安眠や安静が妨げられイライラするものです。また、のどにからまるたんやたんを伴うせきは、病中の体力を消耗させ、余病を併発することもあり、早めに処置したいものです。去痰CB錠は2つの去たん成分L-カルボシステインとブロムヘキシン塩酸塩を配合したお薬で、たんとたんのからむせきに効果を発揮します。

去痰CB錠の効能効果

たん、たんのからむせき

去痰CB錠の用法用量

次の量を食後に服用してください。
[年齢:1回量:服用回数]
大人(15才以上):2錠:1日3回
8才以上15才未満:1錠:1日3回
8才未満:服用しないこと
本剤の服用により、一時的にたんの量が増えることがありますが、ご心配ありません。
(用法関連注意)
■用法・用量に関連する注意
(1)定められた用法、用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)錠剤の取り出し方
錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り、取り出して服用してください。
(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

去痰CB錠の成分分量

6錠中
L-カルボシステイン 750mg
ブロムヘキシン塩酸塩 12mg
(添加物)
セルロース、メタケイ酸アルミン酸Mg、カルメロースカルシウム(CMC-Ca)、ステアリン酸マグネシウム、乳糖、トウモロコシデンプン、ヒドロキシプロピルセルロース含有

去痰CB錠の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
[守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります。]
1.次の人は服用しないでください。
本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないでください。
他の鎮咳去痰薬、かぜ薬
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)高齢者
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(5)高熱のある人
(6)心臓病、肝臓病の診断を受けた人
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐、食欲不振、腹痛
精神神経系:頭痛
その他:血たん
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
●ショック(アナフィラキシー):服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
●皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、中毒性表皮壊死融解症:高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤等が持続したり、急激に悪化する。
●肝機能障害:発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
3.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
下痢、口のかわき
4.3?4日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

去痰CB錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変化します。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

去痰CB錠が気になる人向けのコラム

COPD

まずは次のチェックをしてみてください。 (1)かぜでもないのにせきが出る (2)かぜでもないのにたんが出る (3)同年代に比べて息切れし易い (4)40歳以上である (5)現在タバコを吸っている、以前吸っていた 思い当たることが1つでもあっ... 続きを読む

ひどい生理痛は病気のサインかも? 放置してはいけない女性の病気

月経痛(生理痛)は誰にでもあるもの、そう思っていませんか?
違うんです。動けなくなる、痛み止めが効かない、学校を休んでしまう、そのような痛みは異常です。
30年ほど前までは、生理痛に対して痛み止め以外の方法はなく、「早く子どもを産みな... 続きを読む

腰痛の原因と予防法-ギックリ腰になったら?4つの簡単対処法

いまや人々の健康上の関心事は「メタボリックシンドローム」に集まっている観がありますが、実際に症状を訴える人が多いのは、実は「腰痛」です。
厚生労働省による最も新しい調査では、「腰痛」は男性では1000人中82.0人が症状を訴えて第1位、... 続きを読む

長引く咳はある病気が原因? 医者に行く前にチェックしたい6つ

夏から秋への季節の変わり目には、夏の疲れが出たり、天気がめまぐるしく変わり気温の変化が大きいといった具合で、うっかりかぜをひいてしまうことも。そんなときは温かくして睡眠と栄養を十分とり、早く治してしまいましょう。
通常のかぜならば2週... 続きを読む

健診セーフでも油断は禁物‐生活習慣改善4つのポイント

「メタボリックシンドローム(メタボ)」――この言葉は、だれでも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。メタボは肥満による「内臓脂肪の蓄積」に加え、「高血圧」、「高血糖」、「脂質異常」の3つのうち2つ以上に当てはまる状態のことです。メ... 続きを読む