エフストリン去たん錠の効能・用量・副作用など

エフストリン去たん錠の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮咳去痰薬
形状 錠剤
製造販売会社 大昭製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

エフストリン去たん錠の特徴

のどにからむたんは不快でいやなものです。また、せきをすることでからんだたんを体外へ出そうとします。エフストリン去たん錠は、そんな不快でいやなたんに効果のある医薬品です。

エフストリン去たん錠の効能効果

たん、たんのからむせき

エフストリン去たん錠の用法用量

次の1回量を1日3回食後に服用してください。
[年齢:1回量]
大人(15才以上):2錠
8才以上15才未満:1錠
8才未満:服用しないこと
本剤の服用により、一時的にたんの量が増加することがあります。
(用法関連注意)
■用法・用量に関連する注意
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)錠剤の取り出し方
錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り、取り出してから服用して下さい。(誤ってそのまま飲み込んだりすると、食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事につながります。)

エフストリン去たん錠の成分分量

6錠中
L-カルボシステイン 750mg
ブロムヘキシン塩酸塩 12mg
(添加物)
セルロース、乳糖、カルメロースカルシウム(CMC-Ca)、ステアリン酸マグネシウム、ヒドロキシプロピルセルロース、トウモロコシデンプン、メタケイ酸アルミン酸Mg

エフストリン去たん錠の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないでください
本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないでください
他の鎮咳去たん薬、かぜ薬
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。
高熱
(6)次の診断を受けた人。
心臓病、肝臓病
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐、食欲不振、腹痛
精神神経系:頭痛
その他:血たん
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
●ショック(アナフィラキシー):服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
●皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、中毒性表皮壊死融解症:高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤等が持続したり、急激に悪化する。
●肝機能障害:発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
下痢、口のかわき
4.3?4日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

エフストリン去たん錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

エフストリン去たん錠が気になる人向けのコラム

COPD

まずは次のチェックをしてみてください。 (1)かぜでもないのにせきが出る (2)かぜでもないのにたんが出る (3)同年代に比べて息切れし易い (4)40歳以上である (5)現在タバコを吸っている、以前吸っていた 思い当たることが1つでもあっ... 続きを読む

膀胱のはたらき-どれぐらいの尿を蓄えているの? 女性に多い膀胱炎

膀胱(ぼうこう)は尿をためておく“袋”です。恥骨(ちこつ)の後ろに位置し、その後ろ側は男性では直腸、女性では子宮と腟(ちつ)に接しています。袋の中の一番内側は粘膜層で、それを平滑筋(へいかつきん)という筋肉の層が覆っています。
腎臓で... 続きを読む

マイコプラズマ肺炎とは? 風邪と見分け難い、症状や治療法など

肺炎というと、お年寄りがかかると命取りにもなりかねない病気ですが、マイコプラズマ肺炎は10~30代の若い人たちがかかることが多く、しかもわりと軽症なために普通のかぜと見分けがつきにくく、診断が遅れることがあります。一般的によく処方される抗... 続きを読む

長引く咳はある病気が原因? 医者に行く前にチェックしたい6つ

夏から秋への季節の変わり目には、夏の疲れが出たり、天気がめまぐるしく変わり気温の変化が大きいといった具合で、うっかりかぜをひいてしまうことも。そんなときは温かくして睡眠と栄養を十分とり、早く治してしまいましょう。
通常のかぜならば2週... 続きを読む

痩せるだけではない断食ダイエット

断食
カロリーを摂取しなければ、体に蓄えていた脂肪を燃やしてくれるので、結果として体重が減っていきます。そんな単純な考え方から、断食をしようと思う人もいるかもしれません。
しかし断食とは、痩せるだけではないんです。もちろん断食によって... 続きを読む