ムーゲホワイト クリアローションCDの効能・用量・副作用など

ムーゲホワイト クリアローションCDの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 皮膚軟化薬(吸出しを含む)
形状 液剤
製造販売会社 六陽製薬
販売会社 日邦薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ムーゲホワイト クリアローションCDの特徴

背中や足など,広い範囲がかさついてかゆくなるのは,肌の油分や水分が減少しているためです。
ムーゲホワイトクリアローションCDは,有効成分のはたらきによりかゆみを抑えながら,かさついた肌に水分をとりこみ,なめらかにします。

ムーゲホワイト クリアローションCDの効能効果

かゆみを伴う乾燥性皮ふ(老人・成人の乾皮症,小児の乾燥性皮ふ)

ムーゲホワイト クリアローションCDの用法用量

1日数回,適量を患部に塗布してください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)目に入らないよう注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には眼科医の診療を受けてください。
(3)外用にのみ使用してください。

ムーゲホワイト クリアローションCDの成分分量

100g中
尿素 10g
トコフェロール酢酸エステル 0.5g
グリチルリチン酸二カリウム 0.5g
ジフェンヒドラミン 1g
リドカイン 2g
(添加物)
ヒアルロン酸ナトリウム,1,3-ブチレングリコール,グリシン,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油20,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油50,D-ソルビトール液,パラベン,pH調節剤

ムーゲホワイト クリアローションCDの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.次の部位には使用しないでください。
(1)粘膜(口腔,鼻粘膜など),目の周囲
(2)傷口,または赤くはれている部位
(3)ただれやひび割れのひどい部位
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.使用後,次の症状が現れた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ,刺激感(痛み,熱感,ぴりぴり感),はれ,かさぶたのように皮ふがはがれる状態
3.2週間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

ムーゲホワイト クリアローションCDの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり,品質が変わることがあります。)。

ムーゲホワイト クリアローションCDに効果効能が似た薬

ムーゲホワイト クリアローションCDが気になる人向けのコラム

【医師が回答!】子供を産める年齢は何歳までですか?

できることなら子供が産めるギリギリの年齢で一人産めたらいいと思っています。何歳くらいまで子供を産むことは可能ですか? (質問者:yamatonade45さん) 教えて!goo ここ数年、グンと増加し続けている高齢出産率。“35歳過ぎ... 続きを読む

【医師が回答!】生理中にセックスしても大丈夫?

生理中にセックスするのは大丈夫でしょうか? 嫁が不定期に生理になるので、分かる方は教えてください。 (質問者:curryteam) 教えて!goo curryteamさんのように、“生理中にセックスをしてもいいのか知りたい”という男... 続きを読む

30代でもなる五十肩-2つのセルフチェックポイントと予防法

「ある日突然、肩が上がらなくなった」「肩の痛みで眠れない」「じっとしていても肩が痛む」といった症状が出たら、それは五十肩かもしれません。五十肩といっても実際は40代から50代にかけての発症が多く、最近では30代でもみられるなど若年化する傾... 続きを読む

キューティクル

キューティクルといえば、ツヤ髪のモトというのはみなさんご存知ですよね。日本語にすると「小皮」や「角皮」といい、髪や爪のような硬いたんぱく質を覆う保護膜のこと。実は、爪の周りの甘皮も同じものなんです。無色透明で、哺乳類だけでなく昆虫にもある... 続きを読む

物が見えずらいのは緑内障かも? 早期発見に役立つ自己チェック法

最近、物が見えづらい、目がかすむ、文字の一部が欠けて見える、などといったことはありませんか?
もしあるとすれば、大変!
それは目の病気「緑内障」の、しかも症状が進んでしまっている状態かもしれません。
「リョクナイショウ」などと言われて... 続きを読む