リリシーBCの効能・用量・副作用など

リリシーBCの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミンB2B6主薬製剤
形状 錠剤
製造販売会社 摩耶堂製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

リリシーBCの特徴

本剤は、さまざまなストレスや栄養のアンバランスによって起こる肌あれ・にきびなどの皮ふのトラブル、口腔粘膜に生じる口内炎・舌炎などを改善する効果を持つビタミンB2B6主薬製剤です。皮ふや粘膜の正常な機能を保つために大切なビタミンB2、B6に加えて、皮ふ代謝に不可欠なL-システインとビタミンCを配合していますのでより効果的です。

リリシーBCの効能効果

●次の諸症状の緩和:
口角炎、口唇炎、口内炎、舌炎、湿疹、皮膚炎、かぶれ、ただれ、にきび、肌あれ
●次の場合のビタミンB2B6の補給:
肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時

リリシーBCの用法用量

次の量を食後に水又はお湯で、かまずに服用してください。
[年齢:1回服用量:1日服用回数]
成人(15歳以上):2錠:1回
小児(7歳?14歳):1錠:1回
7歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
1.定められた用法、用量をお守りください。
2.小児に服用させる場合は、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
3.本剤がのどにつかえることのないよう、よく注意してください。

リリシーBCの成分分量

2錠中
リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2) 38mg (リボフラビン30mg)
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 100mg
アスコルビン酸(ビタミンC) 100mg
ニコチン酸アミド 40mg
ビオチン 0.05mg
L-システイン 40mg
(添加物)
セルロース、デンプングリコール酸ナトリウム、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸、ヒプロメロース、白糖、炭酸カルシウム、タルク、アラビアゴム、ゼラチン、マクロゴール、酸化チタン、サラシミツロウ、カルナウバロウ

リリシーBCの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐、口渇、軽度の腹痛
2.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
下痢
3.1ヶ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

リリシーBCの保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
2.小児の手の届かない所に保管してください。
3.他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わることがあります。)又、本剤の容器に本剤以外のものを入れないでください。
4.容器の中の詰め物は、輸送中に本剤が破損するのを防止するために入れてありますので、フタを開けた後は捨ててください。ただし、乾燥剤はそのまま容器に入れた状態で保管してください。
5.容器の中の乾燥剤は服用しないでください。
6.容器のフタのしめ方が不十分な場合は、湿気などの影響により本剤が変質するおそれがありますので、服用後はそのつど必ずフタをしっかりしめてください。
7.本剤にぬれた手で触れないでください。又、手にとった錠剤を元の容器にもどしますと、他の錠剤に影響を与えることがありますのでご注意ください。
8.使用期限の過ぎた製品は服用しないでください。
9.外箱と容器の「開封年月日」記入欄に、開封した日付を記入してください。
10.一度開封した後は、品質保持の点からなるべく早く服用してください。
11.この説明文書には、本剤を服用するときに必要な注意事項などが記載されていますので、服用が終わるまで本剤とともに外箱に入れて保管してください。

リリシーBCが気になる人向けのコラム

聴診器でいったい何がわかるの? 音の違いで異常を聞き分ける

聴診器で医師が聴いている音で心臓の異常がここまでわかる! ドクターといえば聴診器を当てているイメージ。聴診器で聴いている心音などによってわかる異常を解説します。 聴診器ができる前は直接胸に耳を当てて聴いていた 聴診器を使った診察(聴... 続きを読む

今が始めどき!「舌下減感作療法」で来年の花粉症がラクになる

今年の春も多くの人が悩まされた花粉症。スギ花粉のシーズンが過ぎ、やっと楽になったと胸をなで下ろしている人が少なくないと思いますが、来年の春のために今からはじめる花粉症治療があります。 一般的な花粉症薬のような対症療法とは違い、花粉症の... 続きを読む

舌の色や形で健康状態が分かる-色・形・舌苔で健康チェック!

鏡に向かって、あ~んと口を開き、自分の舌を見てみましょう。どんな色、形をしていますか?
舌はからだの情報の宝庫。舌には血液がたくさん集まっているために、血液や体液の質およびその過不足が見てとれ、体調などがよくわかります。東洋医学でも、患者... 続きを読む

ほうれい線が消える!7歳若返る「舌回し」でアンチエイジング

お金をかけずに簡単にできるエクササイズとして、いま巷では「舌回し運動」が話題になっています。「顔のラインがすっきりした」「ほうれい線が消えた」といった声も聞かれ、女性にとってうれしい効果が期待できるようです。 (舌回し運動の方法)
や... 続きを読む

口内炎は「疲れ」のサイン?-口内炎の原因4つと改善・予防法

気がつくと口の中にできている厄介者“口内炎”。放っておいても治るものがほとんどですが、食事のたびにしみて痛いし、気になっていやなものですよね。なかにはひんぱんにできて「また口内炎か!」と憂うつになる人もいるのでは?
口内炎は、口の中の... 続きを読む