新ハイビタンゴールド錠の効能・用量・副作用など

新ハイビタンゴールド錠の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 錠剤
製造販売会社 滋賀県製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

新ハイビタンゴールド錠の特徴

新ハイビタンゴールド錠は、滋養強壮、肉体疲労時の栄養補給に必要な9種類のビタミンと鉄、カルシウムを配合した医薬品の総合ビタミン剤です。
体がだるい、疲れやすい、食欲がない等の場合に、1日1回の服用で効くようになっています。
また、お子様の発育期・偏食児のビタミン・ミネラル補給にもお役立ていただけます。

新ハイビタンゴールド錠の効能効果

成人(15才以上):滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給
14〜7才:滋養強壮,虚弱体質,病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・偏食児・小児の発育期などの場合の栄養補給

新ハイビタンゴールド錠の用法用量

次の量を1日1回服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):2錠:1回
7才以上15才未満:1錠:1回
7才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法用量をお守り下さい。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。

新ハイビタンゴールド錠の成分分量

2錠中
チアミン硝化物(ビタミンB 1硝酸塩) 10mg
リボフラビン(ビタミンB 2 ) 5mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB 6 ) 15mg
理研ドライAD 3 -B200/20PN 10mg
(レチノール2000I.U.,コレカルシフェロール200I.U.)
酢酸トコフェロール 10mg
アスコルビン酸(ビタミンC) 100mg
ニコチン酸アミド 30mg
葉酸 0.4mg
無水リン酸水素カルシウム 206mg
フマル酸第一鉄 30mg
(添加物)
トコフェロール,ラウリン酸ソルビタン,ゼラチン,白糖,二酸化ケイ素,トレハロース,トウモロコシデンプン,無水ケイ酸,ヒドロキシプロピルセルロース,コポリビドン,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),ステアリン酸マグネシウム,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),マクロゴール,アミノアルキルメタクリレートコポリマーE,酸化チタン,タルク,黄色4号(タートラジン),カルナウバロウ

新ハイビタンゴールド錠の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談して下さい
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)妊娠3ヵ月以内の妊婦,妊娠していると思われる人又は妊娠を希望する人
  (妊娠3ヵ月前から妊娠3ヵ月までの間にビタミンAを1日10,000I.U.(国際単位)以上摂取した妊婦から生まれた児に先天異常の割合が上昇したとの報告があります。)
 (3)本人又は家族がアレルギー体質の人
 (4)薬によりアレルギー症状やぜんそくを起こしたことがある人
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい
 (1)服用後,次の症状があらわれた場合。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:悪心・嘔吐
 (2)1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合。
3.次の症状があらわれることがあるので,このような症状の継続又は増強がみられた場合には,服用を中止し,医師又は薬剤師に相談して下さい
 下痢

新ハイビタンゴールド錠の保管上の注意

(1)直射日光の当らない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わります)
(4)瓶の中の詰め物は,輸送中の錠剤の破損を防ぐためのものです。開封後は湿気の原因になりますので,捨てて下さい。
(5)瓶の中の脱臭・乾燥剤はお口に入れないようにして下さい。
(6)本剤をぬれた手で扱わないで下さい。
(7)一度開封した後は,品質保持の点から6ヵ月以内に服用して下さい。
(8)表示の期限内に服用して下さい。

新ハイビタンゴールド錠が気になる人向けのコラム

かくれ貧血とは? だるい、疲れやすい原因は鉄分不足のせいかも

涼しくなってきたのに何だか体がだるい、疲れやすいなどの不調が続き「きっと夏の疲れが今ごろ出てきたのだろう」と思って食事や睡眠などの生活を見直したら治まった。そうならばよいのですが、治まらないときは、もしかしたら「かくれ貧血」かもしれません... 続きを読む

ヘルシーで栄養もとれるもやし炒めダイエット

もやし炒め
もやしは独特のシャキシャキとした食感が食欲を誘う、炒めものでは定番の食材です。他の野菜と比べて安価で入手しやすいことで人気です。そんなもやしは、実は栄養豊富かつ低カロリーなとても魅力的な野菜でもあるのです。高カロリーな肉をも... 続きを読む

アーモンドミルクで栄養補給しながらダイエット

アーモンドミルク
ダイエット中に低脂肪の牛乳や豆乳を飲む事は必要な栄養素を補う上で良い方法の一つですが、牛乳を飲む場合には牛乳に含まれている乳糖による乳糖不耐症による下痢、豆乳を飲む場合には豆乳に含まれるマグネシウムによる下痢などを引... 続きを読む

貧血のカギはヘモグロビン-鉄欠乏性貧血は女性の病気の疑いあり

貧血とは血液中の赤血球やヘモグロビンが減少した状態をいい、血液検査で調べることができます。健康診断における貧血検査の項目は、労働安全衛生規則に基づく一般健診ではヘモグロビン(血色素:Hb)と赤血球数の2つです。通常人間ドックでは、この2つ... 続きを読む

夏は栄養が偏りがち-ビタミンB1、ミネラル確保で夏バテ予防

節電の夏。なんとなく食欲が落ち、だるさを感じている方も多いでしょう。アイスコーヒーや清涼飲料水、アイスクリームなど冷たくて口当たりがよいものをついついとってしまい、食事はのど越しがいいめん類ばかりというのでは、栄養が偏り夏バテ街道まっしぐ... 続きを読む