ラクペタン温感の効能・用量・副作用など

ラクペタン温感の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 貼付剤
製造販売会社 東光薬品工業
販売会社 ラクール薬品販売
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ラクペタン温感の特徴

ラクペタン温感はサリチル酸メチル,dl-カンフルによる消炎鎮痛効果と,トウガラシエキスの配合による温感効果を合わせもち,慢性的な腰痛,肩こり等に優れた効果を発揮します。

ラクペタン温感の効能効果

腰痛,打撲,捻挫,肩こり,関節痛,筋肉痛,筋肉疲労,しもやけ,骨折痛

ラクペタン温感の用法用量

表面のプラスチックフィルムをはがして,1日1?2回患部に貼付してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量をお守りください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)本剤は外用にのみ使用し,内服しないでください。
(4)汗をかいている時は,よくふきとってからお貼りください。
(5)患部の広さに応じて,フィルムの上から適当な大きさにハサミで切ってご使用ください。
(6)貼った患部をコタツや電気毛布等で温めないでください。
(7)入浴の30分以上前にははがしてください。

ラクペタン温感の成分分量

膏体100g中
サリチル酸メチル 1.0g
dl-カンフル 0.5g
トウガラシエキス 0.05g (原生薬換算量2.5g)
(添加物)
ポリビニルアルコール(部分けん化物),カルボキシビニルポリマー,ポリアクリル酸部分中和物,CMC-Na,D-ソルビトール,グリセリン,ソルビタンセスキオレイン酸エステル,ポリソルベート80,ケイ酸アルミン酸Mg,カオリン,酸化チタン,エデト酸Na水和物,パラベン

ラクペタン温感の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.次の部位には使用しないでください。
(1)目の周囲,粘膜等。
(2)しっしん,かぶれ,傷口。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
関係部位:皮ふ
症状:発疹・発赤,かゆみ,はれ,痛み
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

ラクペタン温感の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)品質保持のため,未使用分は袋に入れ,開口部のファスナーを閉めて保管してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

ラクペタン温感が気になる人向けのコラム

二度と腰痛にならない【正しい座り方】を身につけよう

悪い座り方が腰痛を招いている 現代人は1日の半分近くを座って過ごすと言われています。現在、日本には2800万人の腰痛患者がいると言われていますが、その大きな原因の一つが「座り方」であると指摘するのは、腰痛の専門家である伊藤和磨さんです... 続きを読む

腰痛・肩こりに効く! 座ったままできる簡単ストレッチ

ストレッチには、動作を止めてじっくりと筋肉を伸ばす「スタティック・ストレッチ」と、筋肉を伸縮させて血流をよくする「ダイミック・ストレッチ」があります。
スタティック・ストレッチは、20〜30秒間かけてゆっくりと筋肉を伸ばします。また、ダイ... 続きを読む

腰痛の原因と予防法-ギックリ腰になったら?4つの簡単対処法

いまや人々の健康上の関心事は「メタボリックシンドローム」に集まっている観がありますが、実際に症状を訴える人が多いのは、実は「腰痛」です。
厚生労働省による最も新しい調査では、「腰痛」は男性では1000人中82.0人が症状を訴えて第1位、... 続きを読む

妊娠中の頑固な肩こりを解消する5つの方法|肩こりの4つの原因

今までと体調、体型、生活スタイルが変わってくる妊娠中。慢性的に起こる肩こりを辛く感じている妊婦さんも多くいます。そこで、自分でできる解消法をご紹介します。 肩コリは妊娠中、どんどんひどくなる! 女性は男性に比べてもともと筋肉が少ないために... 続きを読む

肩こりが悪循環を招く4つの理由-ひどくなる前に解消するコツ

肩こりに悩む女性、あなたの周りにも多いのではないでしょうか。厚生労働省の調査(「平成16年 国民生活基礎調査」)によると、女性が訴える健康上の自覚症状で一番多いのが肩こり、男性に比べ2倍以上にもなります。男性も第2位が肩こりですから、日本... 続きを読む