トランシーノの効能・用量・副作用など

トランシーノの基本情報

トランシーノ

トランシーノ

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミンC主薬製剤
形状 錠剤
製造販売会社 ダイト
販売会社 第一三共ヘルスケア
医薬品区分 新一般用医薬品
リスク区分 第1類医薬品

トランシーノの特徴

トランシーノは、肝斑に効くトラネキサム酸を、肝斑改善成分として配合した医薬品です。

トランシーノの効能効果

しみ(肝斑に限る)

トランシーノの用法用量

次の量を水又はお湯で服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):2錠:3回 食後に服用して下さい。
15歳未満:服用しないで下さい
(用法関連注意)
(1) 用法・用量を厳守して下さい。
(2) 錠剤の取り出し方:右図のように錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り、取り出して服用して下さい。(誤ってそのまま飲み込んだりすると、食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります)

トランシーノの成分分量

1日量(6錠)中
トラネキサム酸 750mg
L-システイン 240mg
アスコルビン酸(ビタミンC) 300mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 6mg
パントテン酸カルシウム 24mg
(添加物)
乳酸Ca、結晶セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、マクロゴール、酸化チタン、タルク、カルナウバロウ

トランシーノの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用がおこりやすくなります)
1. 次の人は服用しないで下さい。
透析療法を受けている人 (けいれんがあらわれることがあります)
2. 本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないで下さい。
トラネキサム酸を含有する内服薬
■相談すること
1. 次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談して下さい。
(1) 医師又は歯科医師の治療を受けている人
(2) 妊婦又は妊娠していると思われる人
(3) 授乳中の人
(4) 55歳以上の人
(5) 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(6) 血栓症のある人 (脳血栓、心筋梗塞、血栓性静脈炎、肺塞栓症等)
(7) 血栓症を起こすおそれのある人 (以前に血栓症にかかったことがある人、家族が血栓症を起こした人、医師から先天性の凝固異常症を指摘されたことがある人、経口避妊薬・ホルモン補充療法などの血栓症を起こすおそれのある薬を服用している人)
(8) 次の診断を受けた人
腎臓病
2. 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐、腹痛、食欲不振、胸やけ
循環器:動悸
精神神経系:頭痛、めまい
3. 服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。
下痢
4. ご自分のしみが、本剤の効能・効果である肝斑かどうかの識別が難しい場合、また、色が黒ずんでおり、色調が不均一で、表面が隆起したようなしみ状のものがある場合は専門の皮膚科医に相談して下さい。
その他の注意
■その他の注意
1. 本剤は、血栓 (血液が固まったもの) を溶けにくくする作用のある成分を含んでいます。そのため、血栓症の初期症状※に注意して下さい。
※血栓症の初期症状とは:激しい頭痛・舌のもつれ、10分以上続く締め付けられるような胸の痛み・突然の息切れ、片足のふくらはぎの痛み・むくみ、原因不明の突然の呼吸困難・胸の痛みを伴う一過性の意識消失等
2. 2ヵ月間を超えて続けて服用しないで下さい。ただし、お薬の効果がわかる目安として1ヵ月程度は服用しましょう。
3. 服用中止後に再発した場合は、また服用できますが、再開までに最低2ヵ月はあけて下さい。また、服用を再開してからも2ヵ月間を超えて続けて服用しないで下さい。
4. しみの改善の程度には個人差があり、本剤は誰にでも効果があるわけではありません。また、効果があった場合も、しみが完全に消えるわけではありません。

トランシーノの保管上の注意

(1) 直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管して下さい。
(2) 小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3) 他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わります)
(4) 内袋 (アルミ袋) の中に活性炭シートが入っています。服用しないで下さい。
(5) 表示の使用期限を過ぎた製品は服用しないで下さい。また、使用期限内であっても内袋 (アルミ袋) 開封後は品質保持の点からなるべく早く服用して下さい。

トランシーノが気になる人向けのコラム

夏の肌ダメージを解消する方法-老化とシミを定着させないコツ

そろそろ秋の気配を感じるころ。暑さから解放されるとホッとしますが、それはお肌も同じです。肌は夏の間に一気に年をとるといわれます。その理由は、いわずと知れた強い紫外線をはじめ、空気汚染による酸化、エアコンによる乾燥など複数のダメージに、肌が... 続きを読む

ほうれい線が消える!7歳若返る「舌回し」でアンチエイジング

お金をかけずに簡単にできるエクササイズとして、いま巷では「舌回し運動」が話題になっています。「顔のラインがすっきりした」「ほうれい線が消えた」といった声も聞かれ、女性にとってうれしい効果が期待できるようです。 (舌回し運動の方法)
や... 続きを読む

美白シミ対策で逆効果な6つのNG行為|朝のフルーツやコスメ選び

夏に受けた紫外線の影響が出始めるのはこれから。肌内部に潜むシミ予備軍を撃退するためにも、正しいシミ対策でしっかりケアすることが必要です。「美白コスメも揃えたし、サプリも摂っているから私は大丈夫!」と安心している人は要注意。 すがわら皮... 続きを読む

春から始めたい紫外線対策-おすすめの日焼け止めの選び方

紫外線と聞いて、何を連想するでしょうか。真夏の太陽?
それとも日焼けした肌?
紫外線量は、北半球では夏至のころ、6月に最も多くなります。4月ごろから増えはじめますから、5月のよく晴れた日などは要注意です。真夏の7月、8月ともなると、大な... 続きを読む

4月から9月は紫外線対策を!シミ・シワを防ぐ4つのポイント

日焼けといえば夏のイメージですが、油断はできません。4月から9月ごろまでは強い紫外線が降り注いでいます。特に5月のよく晴れた日は、紫外線量が多い割に肌は日差しに慣れていないため、ダメージを受けやすいので注意しましょう。
オゾン層の破壊... 続きを読む