レバウルソの効能・用量・副作用など

レバウルソの基本情報

レバウルソ

レバウルソ

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 錠剤
製造販売会社 第一薬品工業
販売会社 佐藤製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

レバウルソの特徴

レバウルソは…
●ブタの肝臓から得られた肝臓水解物に,ウルソデオキシコール酸,ビタミンB2を配合した糖衣錠です。
●滋養強壮,虚弱体質,胃腸障害などの場合の栄養補給に効果をあらわします。

レバウルソの効能効果

滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労・病中病後・胃腸障害・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給

レバウルソの用法用量

下記の1回服用量を朝夕に服用します。
[年齢:1回服用量:1日服用回数]
成人(15才以上):3錠:2回
15才未満:服用しないでください
(用法関連注意)
〈用法・用量に関連する注意〉
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)錠剤の取り出し方(PTP包装の場合)
錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出してお飲みください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)
〈成分・分量に関連する注意〉
本剤はビタミンB2を含有するため,本剤の服用により,尿が黄色くなることがあります。

レバウルソの成分分量

6錠中
肝臓水解物 600mg
ウルソデオキシコール酸 50mg
リボフラビン 12mg
(添加物)
ケイ酸アルミニウム,バレイショデンプン,ケイ酸カルシウム,リン酸水素カルシウム,セルロース,クロスカルメロースナトリウム(クロスCMC-Na),ラウリル硫酸ナトリウム,デヒドロ酢酸ナトリウム,ステアリン酸マグネシウム,白糖,フマル酸,ステアリン酸,ポリビニルアセタールジエチルアミノアセテート,ヒプロメロース,ゼラチン,アラビアゴム,タルク,炭酸カルシウム,ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール,黄色4号(タートラジン),赤色102号,酸化チタン,カルナウバロウ

レバウルソの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状やぜんそくを起こしたことがある人。
2.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください

レバウルソの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に(瓶入れの場合は密栓して)保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限をすぎた製品は,服用しないでください。

レバウルソが気になる人向けのコラム

ヘルシーで栄養もとれるもやし炒めダイエット

もやし炒め
もやしは独特のシャキシャキとした食感が食欲を誘う、炒めものでは定番の食材です。他の野菜と比べて安価で入手しやすいことで人気です。そんなもやしは、実は栄養豊富かつ低カロリーなとても魅力的な野菜でもあるのです。高カロリーな肉をも... 続きを読む

アーモンドミルクで栄養補給しながらダイエット

アーモンドミルク
ダイエット中に低脂肪の牛乳や豆乳を飲む事は必要な栄養素を補う上で良い方法の一つですが、牛乳を飲む場合には牛乳に含まれている乳糖による乳糖不耐症による下痢、豆乳を飲む場合には豆乳に含まれるマグネシウムによる下痢などを引... 続きを読む

セロリはダイエットだけでなく栄養も満点

セロリ
セロリのカロリーは100グラムでたったの15キロカロリーだと言われています。すなわちとても低カロリーな野菜というわけなのです。
なのに、妊婦さんに大切な葉酸などがたくさん含まれているスグレモノ。
セロリには独得の香り成分であ... 続きを読む

病気やけがなどで障害が生じたときに受け取れるお金 障害年金

あなたが受け取ることができる障害年金の種類は?
障害年金は公的年金制度に加入している人が、各年金制度の基準を満たす障害状態になり、支給条件(過去の滞納の有無など)を満たせば受け取ることができます。

国民年金制度に加入→障害基礎年金... 続きを読む

わたしは入れる?甲状性疾患の場合

バセドウ病の治療期間と治療費
バセドウ病は投薬治療を中心に行い、状態に合わせてアイソトープ治療や手術が行われます。治療は健康保険の対象となり、投薬治療であればそれほど高額になることはないでしょう。しかしアイソトープ治療や手術を行う場合は... 続きを読む