新パスタイムWの効能・用量・副作用など

新パスタイムWの基本情報

新パスタイムW

新パスタイムW

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 貼付剤
製造販売会社 祐徳薬品工業
販売会社 日本ドラッグチェーン
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

新パスタイムWの特徴

新パスタイムWはすぐれた鎮痛消炎作用のある,ニオイをおさえた微香性プラスター剤です。

新パスタイムWの効能効果

肩こり,腰痛,筋肉痛,筋肉疲労,打撲,捻挫,関節痛,骨折痛,しもやけ

新パスタイムWの用法用量

1日数回患部に貼付してください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)はった患部をコタツや電気毛布などで温めないでください。
(3)強い刺激を感じることがあるので,入浴の30分以上前にはがしてください。また,入浴後にはる場合は30分位してからはってください。
(4)汗などをよくふき取り,患部をきれいにしてから使用してください。
(5)皮ふの弱い人は,同じところに続けてはらないでください。

新パスタイムWの成分分量

膏体100g中
サリチル酸グリコール 4.3g
l-メントール 6.1g
トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE) 4.3g
ノニル酸ワニリルアミド 0.012g
(1枚 5.5×7.2cm2。伸縮性)
(添加物)
ジブチルヒドロキシトルエン(BHT),生ゴム,水素添加ロジングリセリンエステル,スチレン・イソプレン・スチレンブロック共重合体,ポリブテン,その他2成分

新パスタイムWの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
〔守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります〕
1.次の部位には使用しないでください。
(1)目の周囲,粘膜等
(2)湿疹,かぶれ,傷口
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ,かぶれ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

新パスタイムWの保管上の注意

1.直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
2.小児の手のとどかない所に保管してください。
3.他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります)
4.開封後は袋の口を折りまげて保管し,早めに使用してください。
5.使用期限をすぎた製品は使用しないでください。

新パスタイムWが気になる人向けのコラム

家の中のくさい臭いの消臭法-イヤな臭いは自立神経を乱す?

「ウチのニオイ」には慣れてしまうので気づきにくい 「家のニオイの原因はひとつだけではありません。タバコ、ペット、調理臭など、家に染みついたニオイが混じり合ったものです」と言うのは、臭気対策アドバイザーの岩橋尊嗣さん。 「よそのお宅に行... 続きを読む

短い時間で楽々!筋肉緊張ダイエット

筋肉緊張
自分が痩せたいと思っている体の筋肉に力を入れる、これが筋肉緊張ダイエットです。脂肪を燃焼させることから常態変換法ダイエットととも呼ばれたりすることがあります。手順は至ってシンプルです。胸の筋肉の引き締めを行う場合は、胸を張り、... 続きを読む

男性の嫌な臭いと加齢臭は別物? くさいと感じる人とは相性が悪い

「オヤジ臭」「加齢臭」などいろいろと呼ばれるニオイがあります。その中でも、男性が高齢になってくると発するニオイに、若い女性は敏感です。わざわざ若い女性が嫌うニオイを男性が発するということは「若い女性が、年をとって生活能力や長い子育てに不... 続きを読む

男の加齢臭は30代から始まる!? 後頭部が臭いだしたら対策を

「加齢臭」などという言葉が一般的になりましたが、臭いが気になるのはおじさんだけじゃありません。夏が近づくにつれ、30~40代の働き盛り男性の臭いも気になってくるようです。 「そういえば最近、彼の後頭部がちょっと臭うかも」と心当たる人は... 続きを読む

筋肉に働きかける常態変換法ダイエット

常態変換法
痩せている人と太っている人では筋肉の緊張度が違っているといわれています。
常態変換法は筋肉の緊張状態に注目したダイエットであり、体一つで行えるとっても手軽なダイエットです。
方法は簡単で、全身の筋肉の適度な緊張状態を意識... 続きを読む