ロートCキューブクールモイストの効能・用量・副作用など

ロートCキューブクールモイストの基本情報

ロートCキューブクールモイスト

ロートCキューブクールモイスト

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 洗眼薬
形状 液剤
製造販売会社 ロート製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ロートCキューブクールモイストの特徴

クールにリフレッシュ
瞳・爽快 洗眼ケア

ロートCキューブクールモイストの効能効果

目の洗浄,眼病予防(水泳のあと,ほこりや汗が目に入ったときなど)

ロートCキューブクールモイストの用法用量

添付のアイカップで,1日3?6回,1回5mLを用いて洗眼してください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)コンタクトレンズを装着したまま使用しないでください。また,再装着する場合は,洗眼してから10?15分程度あけてください。
(4)アイカップは使用前後に水道水で十分に洗浄してください。
(5)混濁したものは使用しないでください。
(6)洗眼用にのみ使用してください。
(7)長期連用しないでください。

ロートCキューブクールモイストの成分分量

グリチルリチン酸二カリウム 0.00025
クロルフェニラミンマレイン酸塩 0.00003
L-アスパラギン酸カリウム 0.001
アミノエチルスルホン酸(タウリン) 0.001
(添加物)
ホウ酸,ホウ砂,l-メントール,d-カンフル,ペパーミントオイル,プロピレングリコール,エデト酸ナトリウム,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),ポリソルベート80,アルギン酸,pH調節剤

ロートCキューブクールモイストの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)次の症状のある人:はげしい目の痛み
(4)次の診断を受けた人:眼球乾燥症候群(ドライアイ)
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この外箱を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
目:充血,かゆみ,はれ
●その他,目に何らかの異常が感じられた場合

ロートCキューブクールモイストの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)アイカップは他の人と共用しないでください。
(5)使用期限(外箱・容器に記載)を過ぎた製品は使用しないでください。なお,使用期限内であっても一度開封した後は,なるべく早くご使用ください。
(6)保存の状態によっては,成分の結晶が容器の口周辺につくことがあります。その場合は,清潔なガーゼ等で軽くふきとってご使用ください。

ロートCキューブクールモイストが気になる人向けのコラム

アロマオイルの香りが心や体にいい訳とは-好みの香りでリラックス

花の香りに気持ちが明るくなったり、木々の香りに清々しい気分になった経験はありませんか?
植物の香りを心身の美と健康に役立てる健康法がアロマテラピー(芳香療法)です。植物によって香りが異なるように、その効果もそれぞれの個性をもっています。リ... 続きを読む

遅刻にさよなら! あと30分早く家を出るための【4つの鉄則】

「カギはどこ?」「コーディネートが決まらない!」。本当は余裕で出られるはずだったのに、準備でつまずき結局遅刻……。出かける前にバタバタするクセを直して、30分早く家を出られる方法をご紹介します。 遅刻の根本原因は
あなたの考え方の“ク... 続きを読む

老眼予防になる! 目のストレッチや簡単ケアでリフレッシュ

目も体と同じ。運動しなければ老化は進む 「目の老化も体と同じ。運動しなければ筋肉は衰え、老化は進みます」と言うのは、アンチエイジングドクターで眼科医でもある日比野佐和子先生。 「目の筋肉を鍛えたりほぐしたりすることは、目の筋肉の若さを... 続きを読む

子どもの足の健康、気にかけてますか?女の子に多いトラブル

扁平足や外反拇趾、スポーツ障害など、子どもの足の健康が問題となっています。文部科学省では、1980年ごろの小学5年生の1日の歩数は23000歩であったが、20年後には13000歩と半減しており、1日に約1時間分の歩行が失われていると報告し... 続きを読む

コンタクトレンズによる眼のトラブルに要注意-正しいレンズ選びとは

コンタクトレンズは、薬事法上で「高度管理医療機器」に指定され、取り扱いや装着には注意が必要となります。眼科では、適正な視力をはかってくれるのはもちろん、一人一人異なる目の表面のカーブまで調べ、その人にフィットしたレンズを選んでくれます。 ... 続きを読む