マミーサラットAの効能・用量・副作用など

マミーサラットAの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他(いずれの薬効群にも属さない製剤)
形状 散剤
製造販売会社 ハクゾウメディカル
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

マミーサラットAの効能効果

湿疹・皮膚炎、ただれ・あせも

マミーサラットAの用法用量

1日数回、適当量を患部に塗布して用う
(用法関連注意)
誤って吸入したり眼に入らないように注意すること。

マミーサラットAの成分分量

【成分及び分量】100g中
日局バレイショデンプン 50g
(添加物)
なし

マミーサラットAの使用上の注意と副作用

使用上の注意
してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり副作用・事故が起こりやすくなる)
●目に入れないこと
相談すること
1.次の人は、使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること。
●医師の治療を受けている人。
●薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後、次の症状があらわれた場合は、副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること。
[関係部位:症 状]
皮 膚:発疹・発赤、かゆみ

マミーサラットAの保管上の注意

●直射日光の当たらない涼しい所に保管すること。
●小児の手の届かない所に保管すること。
●他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる。)
●衣類等につくと脱色、変色することがあるので注意すること。
●開封後はすみやかに使用すること。

マミーサラットAが気になる人向けのコラム

若い女性に多い「しゅさ様皮膚炎」 なりやすいタイプ・予防対策

あなたは、化粧品やヘアケア用品でかぶれやすいほうですか?
そんなとき、ステロイドの入った市販のかぶれ止め薬を使うこともあるでしょう。はじめは炎症が抑えられて湿疹はすぐに治りますが、使い続けるうちに赤ら顔になって、ニキビ状のブツブツができる... 続きを読む

女性のデリケートゾーンのかぶれやかゆみ解決法-蒸し暑い季節は要注意

暑い日が続きますね。ただでさえ蒸し暑いのに、月経期のデリケートゾーンは生理用ナプキン(以下ナプキン)によって密閉され、非常に蒸れやすい状態になります。
そのため、もともと角質層が薄く刺激に弱い、文字通りデリケートな外陰部の皮膚はふやけて... 続きを読む

DHAはアレルギーに効果あり-1日にどれくらい食べたらいい?

DHA(ドコサヘキサエン酸)といえば、「頭をよくする成分」として、ずいぶん話題になりました。
DHAとは、魚介類の脂質に多く含まれる、不飽和脂肪酸。血液中の中性脂肪やコレステロール濃度を低くして、血液をサラサラにするほか、脳の神経細胞の... 続きを読む

シャンプー、リンスの上手な使い方‐きちんと洗ってもかゆいときは?

「朝シャン」という言葉が新語・流行語大賞を受賞したのが1987年。そのころから、毎日シャンプーする人がとても多くなったようです。「朝シャン」は日本人の清潔指向を示す言葉として問題視されることもあるように、日本人は髪を洗いすぎる傾向があると... 続きを読む

夏こそ湯船に浸かったほうが良い理由-美肌をつくるおすすめ入浴法

蒸し暑い夏は、肌がベタベタして、家に帰ったら一刻も早く汗を流したいですね。ところであなたは、「夏はシャワーですませる」派?
それとも、「夏でもしっかり湯船に入る」派ですか?
夏はシャワー派が多いと思われるかもしれませんが、意外に湯船に入る... 続きを読む