セピーAZうがい薬の効能・用量・副作用など

セピーAZうがい薬の基本情報

セピーAZうがい薬

セピーAZうがい薬

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 含嗽薬
形状 液剤
製造販売会社 大洋製薬
販売会社 ゼリア新薬工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

セピーAZうがい薬の特徴

〔特 徴〕
のどが赤くはれて違和感があるなど,のどの不快な症状は,のどが炎症を起こしているサインです。早めのケアがその後の症状を軽くさせるのに大切です。
1.セピーAZうがい薬は,カミツレ草由来の消炎成分アズレンスルホン酸ナトリウム水和物(水溶性アズレン)を配合した青紫色のうがい薬です。水溶性アズレンが
口の中やのどの炎症を鎮め,はれを改善します。
2.アルコールを使用していないため,お口の中への刺激が弱く,アルコールを気にされている方にもお使いいただけます。

セピーAZうがい薬の効能効果

口腔・咽こうのはれ,口腔内の洗浄

セピーAZうがい薬の用法用量

1回本剤約10滴(約0.5mL)を水約100mLに薄めて、1日数回うがいしてください。
(用法関連注意)
(1) 定められた用法・用量を厳守してください。(必ずうすめて使用してください。)
(2) 小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3) 目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には眼科医の診療を受けてください。
(4) うがい用にのみ使用し,内服しないでください。
(5) 本剤は使用する時のみうすめ,うすめた液は早めに使用してください。

セピーAZうがい薬の成分分量

40mL
100mL中 アズレンスルホン酸ナトリウム水和物 0.4g
(添加物)
プロピレングリコール,ポリソルベート80,ハッカ油,l‐メントール,セチルピリジニウム塩化物水和物,エデト酸ナトリウム水和物,リン酸水素ナトリウム水和物,無水リン酸二水素ナトリウム,炭酸水素ナトリウム

セピーAZうがい薬の使用上の注意と副作用

使用上の注意
相談すること
1.次の人は使用前に医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1) 医師又は歯科医師の治療を受けている人。
(2) 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3) 次の症状のある人。
口内のひどいただれ
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
関係部位 症 状
口 刺激感
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

セピーAZうがい薬の保管上の注意

(1) 直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して立てて保管してください。
(2) 小児の手のとどかない所に保管してください。
(3) 他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4) 薬液がこぼれ衣服等に付着した場合は,水又は洗剤で洗ってください。
(5) 使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

セピーAZうがい薬が気になる人向けのコラム

大麦

紀元前6000年のメソポタミア文明ですでに栽培されていた大麦。日本では弥生時代から栽培されてきまたが、最近になって再び注目を集めています。 「海外では2 0 0 6年に米国が大麦を『健康強調表示食品』認定。それに続いて2012年から201... 続きを読む

最近流行りのパープル・フードダイエットとは?

パープル・フード
パープルフードダイエットとは、一週間に三回紫色の食べ物だけを食べるダイエット方法で、なぜ紫色の食材を食べると痩せるのかと言いますと、抗酸化物質が含まれているからなのです。
果物や野菜の赤色や青紫色を呈するアントシアニ... 続きを読む

マスティック

「あなたの歯茎は健康ですか?」
コマーシャルみたいな質問ですが、日本人の80%が歯周病に罹患しているといわれています。まずは、次の項目をチェックしてみて下さい。 1 歯を磨いたときに出血する 2 口臭がする 3 朝起きたときに口の中がネバ... 続きを読む

コンタクトレンズによる眼のトラブルに要注意-正しいレンズ選びとは

コンタクトレンズは、薬事法上で「高度管理医療機器」に指定され、取り扱いや装着には注意が必要となります。眼科では、適正な視力をはかってくれるのはもちろん、一人一人異なる目の表面のカーブまで調べ、その人にフィットしたレンズを選んでくれます。 ... 続きを読む

ひどい生理痛は病気のサインかも? 放置してはいけない女性の病気

月経痛(生理痛)は誰にでもあるもの、そう思っていませんか?
違うんです。動けなくなる、痛み止めが効かない、学校を休んでしまう、そのような痛みは異常です。
30年ほど前までは、生理痛に対して痛み止め以外の方法はなく、「早く子どもを産みな... 続きを読む