新シック液の効能・用量・副作用など

新シック液の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮うん薬(乗物酔防止薬,つわり用薬を含む)
形状 液剤
製造販売会社 日野薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

新シック液の特徴

新シック液は,バスや電車,船などの揺れによる刺激で生じる耳の奥にある三半規管の興奮を鎮め,嘔吐中枢の興奮を抑え,吐き気,めまいなどの乗物酔いによる症状を緩和する乗物酔い薬です。

新シック液の効能効果

乗物酔いによるめまい・吐き気・頭痛の予防及び緩和

新シック液の用法用量

次の量を服用してください。ただし,乗物酔いの予防には乗車船30分から1時間前に服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):1瓶(20mL):1回
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
※定められた用法・用量を厳守してください。

新シック液の成分分量

1瓶(20mL)中
塩酸メクリジン 25mg
ジプロフィリン 30mg
スコポラミン臭化水素酸塩水和物 0.2mg
(添加物)
白糖,D-ソルビトール,パラベン,エタノール,香料,エチルバニリン,グリセリン,プロピレングリコール,バニリン

新シック液の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります。)
1.次の人は服用しないでください。
 15歳未満の小児
2.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も服用しないでください。
 他の乗物酔い薬,かぜ薬,解熱鎮痛薬,鎮静薬,鎮咳去痰薬,胃腸鎮痛鎮痙薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬(鼻炎用内服薬,アレルギー用薬)
3.服用後,乗り物又は機械類の運転操作をしないでください。
 (眠気や目のかすみ,異常なまぶしさ等の症状があらわれることがあります。)
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師にご相談ください。
 (1)医師の治療を受けている人
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人
 (3)高齢者
 (4)本人又は家族がアレルギー体質の人
 (5)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人
 (6)次の症状のある人
  排尿困難
 (7)次の診断を受けた人
  緑内障,心臓病,てんかん,甲状腺機能障害
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師にご相談ください。
 服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
精神神経系:頭痛
その他:顔のほてり,動悸,排尿困難,異常なまぶしさ
3.次の症状があらわれることがあるので,このような症状の継続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師又は薬剤師にご相談ください。
 口のかわき,便秘

新シック液の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限の経過した製品は服用しないでください。

新シック液に効果効能が似た薬

新シック液が気になる人向けのコラム

頭痛・吐き気の原因は眼精疲労が原因? 眼精疲労の解消法

長時間パソコンを使ったり、本を読んだりしているとき、頭痛が起きたことはありませんか?
それ、眼精疲労から頭痛が発生しているかもしれません。その解消法をまとめました。 眼精疲労が頭皮まで固くして頭痛に 頭痛にはたくさんの種類がありますが、... 続きを読む

首のコリをほぐし目の疲れをとる-仕事の合間に簡単ストレッチ

「仕事の合間に簡単ストレッチ」では、2回にわたって肩こり・首こり解消のストレッチを紹介してきました。今回は、首の後ろのこりや痛みはもちろん、目の疲れや頭痛にも効くストレッチです。
首の後ろが凝って硬くなると、首のこりや痛みだけでなく、... 続きを読む

子どもが風邪から中耳炎を発症しやすい理由-急性中耳炎の対処法

「ひな祭り」の3月3日は、「耳の日」でもあります。耳の健康障害でポピュラーな「中耳炎」は、乳幼児がかかりやすい病気です。細菌やウイルスが鼓膜(こまく)の内側の中耳に侵入して炎症を起こしますが、かぜに引き続いて起こることがよくあります。夜中... 続きを読む

耳そうじはどれぐらいの間隔でするべき? 正しい耳そうじの仕方

皆さんは耳そうじを定期的にしていますか?
定期的にといっても週に何回もやる必要はないのですが、かといって1年に1回とか2~3回などというのも、ちょっと問題かもしれません。そんなに放っておいて、耳の中がかゆくなったりすることはないのでしょう... 続きを読む

激しい頭痛は要注意! 危険な5つの頭痛|群発頭痛の原因と対処法

いてもたってもいられないような激しい痛み、今すぐストップしたい!
そんな群発頭痛の症状と対処法をご紹介します。 のたうちまわるような痛みに襲われる 群発頭痛とは、目のすぐ後ろにある血管の壁が炎症して起こる頭痛です。圧倒的に20~40代の... 続きを読む