立効散「タキザワ」の効能・用量・副作用など

立効散「タキザワ」の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 立効散
形状 その他
製造販売会社 タキザワ漢方廠
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 立効散   

立効散「タキザワ」の効能効果

歯痛、抜歯後の疼痛

立効散「タキザワ」の用法用量

1日2回朝夕の空腹時に、本品1包(1回分)を和紙袋入りのまま、水約300mLを加えて半量ぐらいまで煮つめ、和紙袋を除き、次の量を口に含んでゆっくり服用してください。
[年齢:1回量]
成人(15歳以上):全量
15歳未満7歳以上:成人の2/3
7歳未満4歳以上:成人の1/2
4歳未満2歳以上:成人の1/3
2歳未満:成人の1/4
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)本剤は口に含んでゆっくり飲んでください。
(3)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(4)1歳未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、止むを得ない場合にのみ服用させてください。

立効散「タキザワ」の成分分量

2包(8.5g)中
サイシン 2.0g
ショウマ 2.0g
ボウフウ 2.0g
カンゾウ 1.5g
リュウタン 1.0g
(添加物)
なし

立効散「タキザワ」の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります。)
次の人は服用しないでください。
生後3ヵ月未満の乳児
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師,歯科医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)高齢者
(4)次の症状のある人
むくみ
(5)次の診断を受けた人
高血圧、心臓病、腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この袋を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症,ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.5?6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この袋を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
4.長期連用する場合には、医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

立効散「タキザワ」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)

立効散「タキザワ」に効果効能が似た薬

立効散「タキザワ」が気になる人向けのコラム

若い女性に急増している子宮内膜症‐主な症状や痛み方とは

子宮内膜症は、子宮内膜(子宮の内側の粘膜組織)あるいは子宮内膜症によく似た細胞が、子宮以外の場所に増殖してしまう病気です(図参照)。子宮以外の場所とは、たとえば卵巣、卵管、直腸と子宮の間(ダグラス窩)などで、ときには肺のなかまで発生します... 続きを読む

便秘に効くツボマッサージ方法-イラストで分かりやすく解説

便秘で悩む女性は少なくないでしょう。便秘になるとおなかが張って苦しくなったり痛くなるだけでなく、気分もすっきりしませんね。本来なら体外に排出されるべき老廃物が体内に長く居座るため、腸内環境が悪化して吹き出ものや肌荒れ、くすみなど肌のトラブ... 続きを読む

脚も動脈硬化になる-閉塞性動脈硬化症(PAD)とは?

血管が硬くなったり狭くなったりして血流が制限され、多くの生活習慣病を招く動脈硬化。心臓の血管で起これば狭心症や心筋梗塞を、脳の血管で起これば脳卒中を引き起こします。この動脈硬化が腰から下の脚の血管で起こった病態を閉塞性動脈硬化症(PAD=... 続きを読む

関節リウマチの初期症状に注意! 早めの治療が大切な理由

人間の骨格は関節でつながっています。その数は全部で68個。脊椎(せきつい)のようにあまり動かない関節もありますが、膝(ひざ)関節や手足のように大きく動かせる関節が、私たちの体の自由な動きを支えています。この関節に原因不明の炎症がおこり、痛... 続きを読む

手軽にできる生理痛の改善方法を教えて!

即実践!手と足のツボ押し
ツボを押すことで、生理中の不快な症状をやわらげてくれます。ここでは、簡単にできるツボをご紹介します。


頭や手足のツボは心身のバランスを整え、さまざまな心身の不調に効く
簡単ツボマッサージ24
月経ト... 続きを読む