イントウェルの効能・用量・副作用など

イントウェルの特徴

イントウェル

イントウェル

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 解熱鎮痛薬
形状 カプセル 
製造会社 小林製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品
同じ分類の薬 DHC 解熱鎮痛薬   JPS熱さまし   N.Yサニー   アイユニー   アセドリン  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



イントウェルの効能・効果

咽喉痛・頭痛・耳痛・神経痛・歯痛・抜歯後の疼痛・関節痛・腰痛・筋肉痛・肩こり痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・月経痛(生理痛)・外傷痛の鎮痛
悪寒・発熱時の解熱

イントウェルの用法・用量

成人(15才以上)1回3カプセル、1日3回を限度とし、なるべく空腹時をさけて服用する
服用間隔は4時間以上おくこと
(用法関連注意)
15才未満は服用しないこと

イントウェルの成分・分量

1日量(9カプセル)中
イブプロフェン 450mg
トラネキサム酸 420mg
乾燥水酸化アルミニウムゲル 208.5mg
(添加物)
中鎖脂肪酸トリグリセリド、グリセリン脂肪酸エステル、ポリソルベート80、マクロゴール、ゼラチン、コハク化ゼラチン、グリセリン、パラベン、酸化チタン

「イントウェル」を含むQ&A

もっと見る

イントウェルの使用上の注意と副作用

イントウェルの保管上の注意