タイムコール去たん錠の効能・用量・副作用など

タイムコール去たん錠の基本情報

タイムコール去たん錠

タイムコール去たん錠

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮咳去痰薬
形状 錠剤
製造販売会社 日東薬品工業
販売会社 日邦薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

タイムコール去たん錠の特徴

のどにからまる粘稠なたんは不快でわずらわしく,たんを排出しようとするせきを誘発して体力を消耗させ,症状の回復を遅らせます.
タイムコール去たん錠は,たん及びたんに伴うせきに効果のある去たん錠です.たんの通りをスムーズにするL-カルボシステインと,たんの粘度を下げ排出しやすくするブロムヘキシン塩酸塩の2つの基準外成分を配合しています.

タイムコール去たん錠の効能効果

たん,たんのからむせき

タイムコール去たん錠の用法用量

次の1回量を1日3回食後に服用してください
[年齢:1回量]
成人(15才以上):2錠
8?15才未満:1錠
8才未満:服用しないこと
本剤の服用により,一時的にたんの量が増加することがあります
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください

タイムコール去たん錠の成分分量

6錠中
L-カルボシステイン 750mg
ブロムヘキシン塩酸塩 12mg
(添加物)
乳糖,トウモロコシデンプン,ヒドロキシプロピルセルロース,セルロース,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,カルメロースカルシウム,ステアリン酸マグネシウム

タイムコール去たん錠の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなる)
1.次の人は服用しないでください
本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も使用しないでください
他の鎮咳去たん薬,かぜ薬
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)高齢者
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(5)次の症状のある人:高熱
(6)次の診断を受けた人:心臓病,肝臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振,腹痛
精神神経系:頭痛
その他:血たん
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります.その場合は直ちに医師の診療を受けてください.
[症状の名称:症状]
皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群),中毒性表皮壊死融解症:高熱,目の充血,目やに,唇のただれ,のどの痛み,皮膚の広範囲の発疹・発赤等が持続したり,急激に悪化する
ショック(アナフィラキシー):服用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる
3.服用後,次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
下痢,口のかわき
4.5?6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

タイムコール去たん錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください
(2)小児の手の届かない所に保管してください
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わる)
(4)使用期限をすぎた製品は服用しないでください

タイムコール去たん錠が気になる人向けのコラム

COPD

まずは次のチェックをしてみてください。 (1)かぜでもないのにせきが出る (2)かぜでもないのにたんが出る (3)同年代に比べて息切れし易い (4)40歳以上である (5)現在タバコを吸っている、以前吸っていた 思い当たることが1つでもあっ... 続きを読む

長引く咳はある病気が原因? 医者に行く前にチェックしたい6つ

夏から秋への季節の変わり目には、夏の疲れが出たり、天気がめまぐるしく変わり気温の変化が大きいといった具合で、うっかりかぜをひいてしまうことも。そんなときは温かくして睡眠と栄養を十分とり、早く治してしまいましょう。
通常のかぜならば2週... 続きを読む

マイコプラズマ肺炎とは? 風邪と見分け難い、症状や治療法など

肺炎というと、お年寄りがかかると命取りにもなりかねない病気ですが、マイコプラズマ肺炎は10~30代の若い人たちがかかることが多く、しかもわりと軽症なために普通のかぜと見分けがつきにくく、診断が遅れることがあります。一般的によく処方される抗... 続きを読む

!食べたらメモダイエット

食べたらメモ
食べたらメモダイエットとは、その名の通り食べた後に食べたものをメモするだけのダイエットです。
まずはメモ帳でもパソコンでもかまいませんので、食後忘れないうちに食べたものをさっとメモします。
この時、メモを読み返して細か... 続きを読む

子宮のはたらきとは? 女性ホルモンは妊娠にも病気にも関係してる?

1個の精子を受け入れた卵子(受精卵)を着床させ、出産までの長い時間、胎児を保護し育む部屋、それが子宮です。骨盤に囲まれた空間のほぼ中央、直腸と膀胱(ぼうこう)にはさまれ、左右を靭帯(じんたい)で支えられて浮かぶように位置しています。
... 続きを読む