トリブラ 子ども用の効能・用量・副作用など

トリブラ 子ども用の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮うん薬(乗物酔防止薬,つわり用薬を含む)
形状 錠剤
製造販売会社 日野薬品工業
販売会社 大木製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

トリブラ 子ども用の特徴

トリブラ 子ども用は,乗物酔いによるめまい・吐き気・頭痛を防ぐお子さま用の薬です。さらに,気分が悪くなってからでも,これらの症状をおさえられます。服用により旅行を楽しむことができます。

トリブラ 子ども用の効能効果

乗物酔いによるめまい・吐き気・頭痛の予防及び緩和

トリブラ 子ども用の用法用量

次の量を服用してください。ただし,乗物酔いの予防には乗車船30分〜1時間前に服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
11歳〜14歳:2錠:4時間以上の間隔をおいて3回まで
5歳〜10歳:1錠:4時間以上の間隔をおいて3回まで
5歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)本剤は,定められた用法・用量をお守りください。
(2)小児に服用させる場合は,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)本剤は服用により,口のかわきがあらわれることがあります。
(4)本剤は口の中でとかしたりかみくだいたりせずに,そのまま水又はお湯で服用してください。

トリブラ 子ども用の成分分量

1錠中
ジフェンヒドラミン塩酸塩 15mg
無水カフェイン 10mg
ピリドキシン塩酸塩 2.5mg
(添加物)
セルロース,ヒドロキシプロピルセルロース,l −メントール,ステアリン酸マグネシウム

トリブラ 子ども用の使用上の注意と副作用

本剤は小児用ですが,乗物酔い用薬として定められた一般的な注意事項を記載しています。
■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります。)
1.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も服用しないでください。
 他の乗物酔い薬,かぜ薬,解熱鎮痛薬,鎮静薬,鎮咳去痰薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬(鼻炎用内服薬、アレルギー用薬)
2.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないでください。
(眠気があらわれることがあります。)
3.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください。
 (1)医師の治療を受けている人
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人
 (3)本人又は家族がアレルギー体質の人
 (4)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人
 (5)次の症状のある人
  排尿困難
 (6)次の診断を受けた人
  緑内障
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談してください。
 服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
その他:排尿困難
3.次の症状があらわれることがあるので,このような症状の継続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師又は薬剤師に相談してください。
 口のかわき

トリブラ 子ども用が気になる人向けのコラム

頭痛・吐き気の原因は眼精疲労が原因? 眼精疲労の解消法

長時間パソコンを使ったり、本を読んだりしているとき、頭痛が起きたことはありませんか?
それ、眼精疲労から頭痛が発生しているかもしれません。その解消法をまとめました。 眼精疲労が頭皮まで固くして頭痛に 頭痛にはたくさんの種類がありますが、... 続きを読む

妊娠中、夫のサポートが必要なとき-その5 外で子どもと遊ぶ時

今回は、子どもと一緒のお出かけについてです。子どもが小さいときのお出かけは、色々と持って行くものも多くて大変なので、力のある男性のほうが有利な面もあります。小さいときはあっという間に過ぎてしまうので、一緒に遊びに行く時間を大切にするといい... 続きを読む

激しい頭痛は要注意! 危険な5つの頭痛|群発頭痛の原因と対処法

いてもたってもいられないような激しい痛み、今すぐストップしたい!
そんな群発頭痛の症状と対処法をご紹介します。 のたうちまわるような痛みに襲われる 群発頭痛とは、目のすぐ後ろにある血管の壁が炎症して起こる頭痛です。圧倒的に20~40代の... 続きを読む

妊娠中、夫のサポートが必要なとき-その8 万が一の備えとは

3.11からもうすぐ1年が経とうとしています。震災後1カ月の時に、被災地に医療支援に入りました。そこで見たものは無残に破壊された街並みでした。そこここに生活の跡が残っていました。人の生活のあった場所なのに、商店街のシャッターは壊れ、ヘドロ... 続きを読む

早めの妊活がおすすめの人とは-妊娠のためにしたほうがいい事

子どものいる人生を思い描くカップルにとって「いつ子どもを産むか」はとても重要なことです。一般的に、30歳頃には一人目を出産するように計画したほうが有利です(「高齢妊娠、高齢出産のデメリットとメリット」参照)。
不妊治療で排卵誘発剤の反... 続きを読む