小青竜湯エキス顆粒SAの効能・用量・副作用など

小青竜湯エキス顆粒SAの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 小青竜湯
形状 散剤
製造販売会社 帝國漢方製薬
販売会社 湧永製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 小青竜湯   

小青竜湯エキス顆粒SAの特徴

小青竜湯は,漢方の原典と言われる「傷寒論」「金匱要略」に収載されている漢方処方です。体力が中等度又はやや虚弱で,うすい水様のたんを伴うせきや鼻水が出る方の,気管支炎,気管支ぜんそく,鼻炎,アレルギー性鼻炎,むくみ,感冒,花粉症に用いられます。
小青竜湯エキス顆粒SAは,小青竜湯をエキス化し,服用しやすい顆粒にした製品です。

小青竜湯エキス顆粒SAの効能効果

体力中等度又はやや虚弱で,うすい水様のたんを伴うせきや鼻水が出るものの次の諸症:
気管支炎,気管支ぜんそく,鼻炎,アレルギー性鼻炎,むくみ,感冒,花粉症

小青竜湯エキス顆粒SAの用法用量

1回下記量を食前又は食間に水又はお湯と一緒に服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15才以上):1包:3回
7才以上15才未満:2/3包:3回
4才以上7才未満:1/2包:3回
2才以上4才未満:1/3包:3回
2才未満:1/4包:3回
食間とは,「食事と食事の間」という意味です。食事のあと2時間ぐらいたったところで服用してください。
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)1才未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させてください。

小青竜湯エキス顆粒SAの成分分量

3包(6.0g)中
小青竜湯エキス(2/3量) 2.81g (マオウ2.0g,シャクヤク2.0g,カンキョウ2.0g,カンゾウ2.0g,ケイヒ2.0g,サイシン2.0g,ゴミシ2.0g,ハンゲ4.0g)
(添加物)
乳糖水和物,結晶セルロース,ステアリン酸マグネシウム

小青竜湯エキス顆粒SAの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります。)
次の人は服用しないでください。
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸の弱い人。
(5)発汗傾向の著しい人。
(6)高齢者。
(7)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(8)次の症状のある人。 むくみ,排尿困難
(9)次の診断を受けた人。 高血圧,心臓病,腎臓病,甲状腺機能障害
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気,食欲不振,胃部不快感
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
間質性肺炎:階段を上ったり,少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる,空せき,発熱等がみられ,これらが急にあらわれたり,持続したりする。
偽アルドステロン症,ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。
3.1ヵ月位(感冒に服用する場合には5?6日間)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

小青竜湯エキス顆粒SAの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。( 誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)1包を分割して服用した残りは,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
(6)本剤は,生薬を用いた製剤ですので,製品により色が多少異なることがありますが,効果に変わりはありません。

小青竜湯エキス顆粒SAが気になる人向けのコラム

まだ油断できない!GWまで役立つ花粉症対策は?

春らしい日が増え、スギ花粉のピークは過ぎたようですが、関東以北はまだまだ花粉飛散量が多い日が続きます。今年はスギ花粉飛散量が多いといわれており、東北地方では今まさに飛散量のピーク。スギ花粉が減っても今度はヒノキ花粉と、6月頃までは花粉症... 続きを読む

それでもプレイしたい花粉症ゴルファーのための基本装備

春はゴルフのベストシーズン!
のはずですが、花粉症のゴルファーには試練の季節。日本のゴルフ場は杉林に囲まれていることが多く、林に打ち込んでしまったボールを探しているうち大量の花粉を浴びてしまい、一気に症状が悪化することもあるとか。 シ... 続きを読む

今が始めどき!「舌下減感作療法」で来年の花粉症がラクになる

今年の春も多くの人が悩まされた花粉症。スギ花粉のシーズンが過ぎ、やっと楽になったと胸をなで下ろしている人が少なくないと思いますが、来年の春のために今からはじめる花粉症治療があります。 一般的な花粉症薬のような対症療法とは違い、花粉症の... 続きを読む

秋の花粉症やダニアレルギーに要注意! 痛くない鼻洗いのやり方

吹く風も冷たくなり、すっかり秋らしくなってきたこの頃、鼻がムズムズしたり、咳が出たりといった風邪のような症状に悩まされている人はいないでしょうか。しかし、それは風邪ではなく、秋の花粉症かもしれません。スギ花粉症がない人でも、秋の花粉症を... 続きを読む

小鼻の横のツボ【天迎香】を押すと花粉症やアレルギーが治る?

花粉症だけでなく難病まで改善するツボ 萩原カイロプラクティック院長の萩原秀紀先生が偶然見つけたツボ「天迎香(てんげいこう)」。花粉症などのアレルギー症状に効き、さらに難病まで改善するなど、その効果は発見した萩原先生も驚くほどだそう。 ... 続きを読む