ベッセンアイ錠の効能・用量・副作用など

ベッセンアイ錠の特徴

私たちの体は,年齢とともに身体各部の諸機能が衰え,日頃の運動不足やストレス,職場での無理な姿勢などが重なって疲労が蓄積し,『肩から腰にかけて重だるい』,『肩や腰の鈍い痛み』,『目が疲れる』,『手足がしびれる』など,身体のあちらこちらに不調を感じることが多くなり,保健薬を服用する人が増えています。
■特長
ベッセンアイ錠は,血管に直接働きかけて血流を高める医療用の成分ヘプロニカートと生薬の防已を初めてビタミン剤に配合した製剤で,血流と代謝を改善することで,「肩こり」「腰の痛み」「目の疲れ」など,たまった疲れにすぐれた効果を発揮する保健薬です。
●ヘプロニカートが直接,血管に働きかけて血液の流れを高め,ビタミンEとともに末梢の血流を改善します。
●吸収,体内利用のよいべンフォチアミン(ビタミンB1誘導体)が,エネルギー代謝を円滑にし,筋肉・神経の働きを改善します。
●さらに,漢方薬で使われている生薬の防已を配合し,肩や腰の痛みの緩和にもすぐれた効きめを発揮します。

ベッセンアイ錠

ベッセンアイ錠

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 ビタミンB1主薬製剤
形状 錠剤 
製造会社 新新薬品工業
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 DHC ビタチアン   VV・コリトル内服液   Vワンライフ   VワンライフEX   アイエース  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



ベッセンアイ錠の効能・効果

次の諸症状※の緩和:眼精疲労,筋肉痛・関節痛(肩こり,五十肩,腰痛など),手足のしびれ,神経痛,便秘。
脚気※。
次の場合のビタミンB1の補給:肉体疲労時,病中病後の体力低下時

ベッセンアイ錠の用法・用量

次の量を,食後に服用してください。
[年齢:1回服用量:1日服用回数]
成人(15歳以上):2錠:2回(朝・夕)
15歳未満の小児:服用しないこと
(用法関連注意)
用法・用量をお守りください。

ベッセンアイ錠の成分・分量

4錠中
ベンフォチアミン 138.2mg
ヘプロニカート 100mg
ボウイ乾燥エキス 240mg (防已3000mg)
酢酸d-α-トコフェロール 100mg
(添加物)
無水ケイ酸,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,ヒドロキシプロピルセルロース,クロスカルメロースナトリウム(クロスCMC-Na),ステアリン酸マグネシウム,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),マクロゴール,酸化チタン,タルク,白糖,ポリビニルアルコール(部分けん化物),炭酸カルシウム,セルロース,三二酸化鉄,カルナウバロウ

ベッセンアイ錠の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)妊婦又は妊娠していると思われる人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:胃部不快感,胃痛,吐き気・嘔吐
精神神経系:頭痛,めまい
循環器:動悸
その他:ほてり,むくみ
3.服用後,生理が予定より早くきたり,経血量がやや多くなったりすることがあります。出血が長く続く場合は,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
4.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強がみられた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
軟便,下痢
5.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ベッセンアイ錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)びんのつめものは,錠剤の破損を防ぐためのものです。開封後は取り除いてください。
(5)水分が錠剤に付きますと,表面の糖衣の一部が溶けて変色することがありますので,誤って水滴を落としたり,ぬれた手で触れないようにしてください。
(6)使用期限をすぎた製品は服用しないでください。