第一三共胃腸薬プラス細粒の効能・用量・副作用など

第一三共胃腸薬プラス細粒の基本情報

第一三共胃腸薬プラス細粒

第一三共胃腸薬プラス細粒

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 制酸・健胃・消化・整腸を2以上標榜するもの
形状 散剤
製造販売会社 第一三共ヘルスケア
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

第一三共胃腸薬プラス細粒の特徴

「胃」と「腸」をダブルケアするタイプの胃腸薬です。
6つの生薬成分が弱った「胃」に効き,植物性の乳酸菌「ラクボン」が「腸」の状態を正常に近づけます。

第一三共胃腸薬プラス細粒の効能効果

●もたれ,食べ過ぎ,飲み過ぎ,胸つかえ,食欲不振●胸やけ,胃痛,胃酸過多,胃重,胃部不快感,げっぷ●消化不良,消化促進,胃弱,胃部・腹部膨満感●はきけ(むかつき,二日酔・悪酔のむかつき,悪心),嘔吐●整腸(便通を整える),軟便,便秘

第一三共胃腸薬プラス細粒の用法用量

次の量を水又はお湯で服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
15歳以上:1包:3回 食後に服用して下さい。
11歳以上15歳未満:2/3包:3回 食後に服用して下さい。
8歳以上11歳未満:1/2包:3回 食後に服用して下さい。
5歳以上8歳未満:1/3包:3回 食後に服用して下さい。
3歳以上5歳未満:1/4包:3回 食後に服用して下さい。
3歳未満:服用しないで下さい。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守して下さい。
(2)3歳以上の幼小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。

第一三共胃腸薬プラス細粒の成分分量

3包(3.9g)中
タカヂアスターゼN1 150mg
リパーゼAP12 60mg
有胞子性乳酸菌(ラクボン原末) 60mg
ケイ酸アルミン酸マグネシウム 900mg
合成ヒドロタルサイト 600mg
沈降炭酸カルシウム 600mg
オウバク末 105mg
ケイヒ末 225mg
ショウキョウ末 75mg
チョウジ末 30mg
ウイキョウ末 60mg
l-メントール 9mg
アルジオキサ 60mg
カンゾウ末 150mg
(添加物)
セルロース,乳糖,ポリソルベート80,ヒドロキシプロピルセルロース,サンショウ

第一三共胃腸薬プラス細粒の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないで下さい。
透析療法を受けている人
2.長期連用しないで下さい。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)次の診断を受けた人
腎臓病,甲状腺機能障害
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.服用後,次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
便秘,下痢
4.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

第一三共胃腸薬プラス細粒の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わります)
(4)1包を分割した残りを服用する場合は,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用して下さい。
(5)表示の使用期限を過ぎた製品は使用しないで下さい。

第一三共胃腸薬プラス細粒が気になる人向けのコラム

スポーツ選手のイメージトレーニングを実践! 6つの注目ポイント

「ゴルフやテニスなどのスポーツで、腕を上げたいときによく行われるのが、「イメージトレーニング」。これは、プロ選手のプレー風景を見て、フォームなどを学ぶことを指しています。
このとき、漠然と見るのではなくて、これからお話しする6つのポイ... 続きを読む

にがりで便通改善ダイエット!

にがり
お豆腐に使われるにがりがダイエットに有効な食品であるという事を知らない人が意外なほど多いです。

お豆腐に使われるにがりは元々は海水から採れる物で、主成分は塩化マグネシウムとなり、にがりの中には豊富な海水のミネラルも含まれて... 続きを読む

辛い胸やけやげっぷ【逆流性食道炎】の対策

脂っこい食べ物を控える

胃酸の過剰な分泌はげっぷを起こしやすくし、げっぷが出るときは下部食道括約筋が緩みますから胃液などが逆流しやすくなるのです。
胃液が逆流して胸焼けを起こす胃食道逆流症


肥満の解消、油ものやチョコレー... 続きを読む

L-92乳酸菌

現代病の代表と言われる、アレルギーに悩まされている人に朗報が。「L-92乳酸菌」が、花粉症や通年性アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などの、つらい症状を緩和することがわかりました。 「乳酸菌というと思い浮かぶのが、ヨーグルトや乳酸菌飲料で... 続きを読む

あなたも北川景子顔に! 歯科医が教える【整顔テク】

冬になると、風邪や花粉症予防にマスクをしている女性が急増します。そんな女性がカフェでマスクをはずした顔を見ると!!!
「意外と年齢いってそう!」「美人だと思っていたのに……」なんて思ったことはないでしょうか?
物まねメイクで有名なざわち... 続きを読む